2018年9月4日

20180904.jpg ●●One Acoustic Night vol.93●●


     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:00
【ライブ・レポート】

Welcomeback presents《One Acoustic Night vol.93》

■田中稔
1stステージは今夜が初出演、北海道出身、東京育ちの田中稔さん。今日のライブでは七夕さまから厳かに始まる冒頭の曲から心温まるセットリストを挟み、さだまさしさんを敬愛する田中さんの想いが籠った『精霊流し』はさださんへのリスペクトを込めた形で余韻のステージを締めくくって下さいました。

∬今夜の演奏曲目
七夕さま〜かささぎの橋〜
ふるさと
黄菜のテーマ
道〜はないちもんめ〜
里の秋〜秋桜
無縁坂
bestplay/精霊流し
精霊流し

■TAMON
2ndステージは山口県下関市出身の【TAMON】さん。独特の世界観を持った方、ステージを見て聞いてみればそんな印象を強く受けます。彼を取り巻く周囲にもそんな空気が張り詰めています。ソロでも活躍されているのはもちろん、和楽器を取り入れたバンド編成でも歌われているだけあってステージが進むにつれて彼の魅力が花開いていくのが手に取る様に感じられるそんなステージとなりました!

∬今夜の演奏曲目
浮 浪雲(はぐれぐも)
三日月に吠えた少年兵
ポストカプセル
青の鳥
bestplay/ふたりは探していた
7DAYS
旅人

■DAISUKEと龍さん
当店のオープンマイクの日に度々ソロでご出演いただいているDAISUKEさんですが、同じく当店ではグリグラというバンドで度々ご出演いただいている龍さんと【DAISUKEと龍さん】として今夜はデュオとして登場。DAISUKEさんの何とも言えない強烈なキャラとMC、フォーク世代には懐かしい曲で始まり時代は進み、年代を越えて時空をも越え、終わりに近づく頃には爆発寸前のマグマの様な
DAISUKEさんの熱気溢れる歌声が忘れられないステージで今日のOne Acoustic Night vol.93は幕を閉じました!

∬今夜の演奏曲目
巡恋歌
22歳の別れ
アネモネ
同じ笑顔で
Get Wild
bestplay/ロリと萌え
Lonely to my way 〜ロリと萌え第2章〜

今夜のレポートは Non がお届けしました。
*bestplay recorded by Ike Ueno
*photo by Non

----------------------------------------
■田中稔
Gt.Vo:田中稔

現在、54歳。14歳の終わりにさだまさしさんを知って以来、さだまさしさんを敬愛し、彼の歌の原風景のある長崎で8年暮らし、長崎で音楽創作、演奏活動を開始し、東京に戻ってからも変わらぬ心で活動しています。
https://www.facebook.com/minoru.tanaka.19640222
http://www.galaxy-express.com/

■TAMON
TAMON. Vo,Gt

山口県下関市出身のシンガーソングライター 過去様々なコンテストを経て多様な曲の作風で心にアプローチするスタイル
弾き語りはもちろんBAND編成(和楽器を取り入れた)での演奏もします。

【HP】
http://tamon.crayonsite.net
【blog】
http://blog.crooz.jp/tamon1027/

■DAISUKEと龍さん
DAISUKE VO,G
龍 G

孤高のロックボーカリストDAISUKEとグリグラのベーシスト龍による異色アコースティックユニット。
1+1が2にならないかも。目指すはアコースティックの向こう側…

DAISUKEツイッター http://twitter.com/MADBAL3


[戻る]