2018年8月25日

20180825.jpg ●●ROCK NIGHT●●


     music charge \3,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:00
     start 19:00

【ライブ・レポート】

■Machu Picchu「不思議な夢」

 本日は【Machu Picchu】の公演です!メンバー全員が独特な衣装を身に纏って登場しました!一曲目はアップテンポな「革命」からスタート!終始、パーカッションの存在感がたまりません!
 また、今回のタイトル曲である「不思議な夢」にあわせて、前回のタイトル曲である「絵空事にならない為に」も演奏され、会場を盛り上げました!
 どの楽曲においても伸びの良い歌声を中心としたパフォーマンスで、楽曲の壮大な世界観が巧みに表現されており、特に序盤に演奏された「マチュピチュ」は先述したパーカッションの存在感と相まって観客全員がその世界観に飲み込まれていく様子が伺えました!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
革命
皆知っている事
マチュピチュ
大地の唄
地と歌い、風と踊れ
心が全ての鍵を握っている
bestplay/絵空事にならない為に

¶ 第二部
夢の種
虹のように
雨の森
意識の旅
不思議な夢
未来と言う名の大空へ

¶ アンコール
バランスを取りながら
夢で見た事

今夜のレポートは Sakai がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Sakai

----------------------------------------

■Machu Picchu「不思議な夢」
Vocal&Piano:田村昌之
Guitar:池内秀樹
Bass:笠原直樹
Drums:川口伸王
Percussion:大宮真人

1993年に田村昌之を中心に結成。
バンド名はインカ帝国の遺跡マチュピチュと同じだが、 由来は直接それとは異なる。以前からオリジナル楽曲を 手掛けている田村がふっと呟いた『響き』が在った。 「マチュピチュ・・・」そんな声で愛を、平和を願って 鳴く鳥の唄を書こうと心に思い手帳に記録して置いた。 それから数年、とある本に目を通していると、懐かしく 思える、でも確かに初めて見る名前の遺跡が掲載されて いた。それがマチュピチュ遺跡だった。田村は昔、自分 が書き記した『響き』を探して見た。同じだった。 その時、田村はリーダーバンドを立ち上げる時は必ず 「マチュピチュ」にしようと心に誓った。 それから数年後、1993年バンドマチュピチュ結成と成る。 「マチュピチュ」の名を背負うのだからという事も在り、 その遺跡の事を調べて行くと、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオの哲学や思想などが自分の考えと共通す る点が多くまたそれに共感し、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオ、ケチュワ族にまつわる神話や世界観を モチーフにした楽曲を核に自分を含めた現代人が忘れかけている大切なものをメッセージして行く事をコンセプ トにジャンルに捕らわれない音楽性の追求と映像的なサウンドを目指し活動している。

http://machupicchu.art.coocan.jp/


[戻る]