2018年7月17日

20180717.jpg ●●ACOUSTIC NIGHT●●
     
     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:00
【ライブ・レポート】

■親指企画
今夜はツーマンライブ、1stステージは【親指企画】。MCではステージでの面白おかしいエピソードでいつも笑わせてくれる原田さん、元気にステージをこなされてる限りは面白ネタには尽きる事が無さそうです。今日のセットリストには『ワルの雄犬(おとこ)』という曲がありまして、そもそも捨て犬だったのを原田さんが育てられたエピソードが元になったこんな犬系の曲は原田さんの人間味が感じられるナンバーと言えるでしょう。キラリと光る高齢者系ラブソングという位置づけの曲も魅力的。外の暑さにも負けないステージを展開してくださいました!

∬今夜の演奏曲目
そのまんま

バランス
全部泣いてる
君はよく効く
二人のSpiral
bestplay/ワルの雄犬
夕暮れ
マジックアワー
誰そ彼
記憶のない一日
苦脳の人

■マグナムブラザーズ
今日のツーマンライブの2ndステージが【マグナムブラザーズ】。前回と全く同じ組み合わせなんですが、こちらもセットリストが印象的。映画音楽メドレーでは世界的にも知られた名画の音楽を。アコースティックギターでしっとり奏でられる曲の数々には時間を忘れて聞き惚れてしまいます。そして山原さんがボーカルを取るコーナーではステージはますます熱を帯び、デュオのギターの音色も息ピッタリ、2人の技が冴えわたります。MCでは達川さんの朴訥な語り口がまたいい味を醸し出し、お客様からも高らかな笑い声が上がる楽しいステージとなりました!

∬今夜の演奏曲目
bestplay/Two Much
Four Friends
映画音楽メドレー
All My Loving
Golden Slumbers
Ballad U
シャッフル
Drive My Car
Englishman In New York
Recado Bossa Nova
ティコ ティコ
Alone Again

今夜のレポートは Non がお届けしました。
*bestplay recorded by Ike Ueno
*photo by Non
----------------------------------------
■親指企画
原田K介 Guitar,Vocal
赤羽エリック Guitar,Vocal
ダッキャン Percussion

若き日のK介が組んでいた、マスP(ギター)、アグネス松本(ベース)の3人からなるBand名。
1998年、3人組での活動を停止。
K介が活動を再開した2006年以降は、K介が組むユニット名にその都度流用されるようになり、結局は誰と組んでも『親指企画』に。
その結果、現在は主に赤羽エリックとの出演時に『親指企画』を名乗ることに。

2011年9月、『親指企画』名義では実に17年振りの自主制作アルバム『Songs&Dogs』を発表。
復活後に書いた曲だけで構成された13曲入りのCDと、かつての三人組時代のLIVE映像16曲を収録したDVDの2枚セットで1,000円!
『売れたら作る』式の完全家内制手工業にて時々増産中!

原田K介ブログ『wansukeの寝姿日記』
http://tsumujigadaira.blog64.fc2.com/
一見犬だらけの様でいて、毎回セルフLIVEレポートを掲載。

■マグナムブラザーズ
Gt.Vo:山原タロー
Gt.Cho:達川和俊

昨年2017年に、ガットギターの山原タローとフォークギターの達川和俊が意気投合し、
アコースティックギターデュオ マグナムブラザーズを結成。
いかつい容姿とは裏腹に、映画音楽 ジャズ ポップス等を優しい音色で、
癒しの時間を提供します。
又、山原タローの渋いボーカルも必聴。


[戻る]