2018年7月13日

20180713.jpg ●●ACOUSTIC NIGHT●●

     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:00

【ライブ・レポート】

■東京ロマンポルノProduce Music Circuit Vol.4
今夜は、お馴染みの大好評アコースティックイベント「東京ロマンポルノProduce Music Circuit」!恒例のホヤさんの挨拶にもあったとおり、ちょっといかがわしいタイトルの「昭和」をコンセプトにしたイベントです。
前半は、やや忙しくステージ上の構成が変わっていきます。オープニングを務めるのは勝吾さん。今日も優しい歌声と温かい弦の響きを聴かせてくれます。
その後は、ホヤさんたちが登場して2曲。会場の雰囲気は昭和へとトリップしていきます。ブルースハープのビブラートがとっても素敵でした。
そして、今度は時間軸をそのままにサウンドは太平洋を越え70年代米国西海岸へ。「Music Circuit」初登場のSTICの5人組の登場です!STICメンバーの皆さんのウエストコーストロックへの愛が滲みだしているステージでした。
後半のステージでも、トップバッターは勝吾さん。定番曲を中心に、心に染みる歌詞がメロディーに乗って流れます。次回の新衣装も期待してますね!(笑)
そしていよいよイベントも佳境、東京ロマンポルノ総支配人のホヤヒロシさん登場です!昭和を代表する名曲のカヴァーから始まり、聴き慣れた珠玉の持ち曲でしっとり会場を昭和に染め上げていきます。
今日は大変な酷暑だったこともあり、会場ではお客様も出演者様も、とりあえずビール!の方が多かったですね。まるでウェルカムバックが、昭和の地下のビヤホールに変わってしまったかのような錯覚を覚えました。

¶ 第一部
∬今夜の演奏曲目
タメ息
Out Of Hole

要町ブルース
海原(ナターシャセブン)

オールレディーゴーン
bestplay/ラブザワンユアウィズ
コールイットラブ
ジーザスイズジャストオーライ
ローズオブシマロン

¶ 第二部
∬今夜の演奏曲目
キャッチボール
サーカス
ガジュマロ
シャンプー
チキンライス

上を向いて歩こう
いつまでも夢を
鐘楼の上
有楽町線で会いましょう
Time Out
アキモトミタイニ…
三行半

今夜のレポートは Junichi がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Junichi
----------------------------------------

■東京ロマンポルノ Music Circuit Vol.4
★ホヤヒロシ
東京ロマンポルノの総支配人。
“有楽町線で逢いましょう”、”いつまでも夢を”、”酒と泪と男と女とギター”など、ギリギリでスレスレの歌を歌う。また、Music Circuit,Original Club等のライブイベントを企画し、アーティストの活性化を推進。

★勝吾
孤独のブルースマン。総支配人とは付かず離れずの距離、どちらかといえば”離れている”関係。
お互い、”自分が1番好き”なので、相手の歌は必ず2番目にリスペクトする。
仲間がいない野良犬と野良猫が寄り添ってる感じ。
名曲”シャンプー”は大塚でみんなに歌われている。

★STIC(初参加)
ウエストコーストロックをこよなく愛す5人組、今宵も西海岸の風が吹く

■東京ロマンポルノ
懐かしい香りをプンプンさせる”昭和
スタイル”で何ともいえない至福の時間を提供。ホヤヒロシ、勝吾を中心に毎回多彩なメンバーが参加。
あっという間の2時間、”あの頃”を存分にお楽しみください!

Instagram 🔎:ホヤヒロシ
YouTube 🔎:ホヤヒロシ
アメブロ 🔎:東京ロマンポルノ


[戻る]