2018年6月14日

20180614.jpg ●●FUSION NIGHT●●

     music charge \3,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:00
【ライブ・レポート】
■Far East Band Return〜30 年ぶりのLIVE!!〜
なんと30年振りの再結成だそうです!!普段は「With daddy doM」などでウェルカムバックではおなじみのむらさきさん、今夜は復活した「Far East Band」を率いての登場です!
題して「Far East Band Return〜30 年ぶりのLIVE!!〜」!
凄いですね!SNSのチカラ!ちょっとしたきっかけさえあれば、四半世紀以上の時を越えて、こんなにも素晴らしいセッションが蘇えってしまうのですね!!
SNSをきっかけに再結成というのも凄いですが、そんな長いブランクを経て、この演奏力!!凄すぎます!!共に音楽を学び、共にPit Innのステージに立った仲間の絆は、MCでの何気ないメンバー同士のやり取りや、演奏中に時折見られるメンバー同士のアイコンタクト、そして何よりも4人の奏者が紡ぎ出す音そのものに強く強く感じられます。
それにしてもなんという心地よい浮遊感!インストライブとはいえ、入れ代わり立代わりで主旋を担うソリストに目まぐるしく視線を奪われていきます。脱出不可能な音の迷宮をゆらゆら彷徨っているような…そんな複雑かつ緻密に組み立てられた楽曲構成。さすがのむらさきさんもMCで演奏が終わるたびに「難しい」とおっしゃっていましたね(笑)。この密度の音符の濁流を、デジタリックではないヒューマンな演奏で聴けるというのが、このご時世本当に貴重なのだとしみじみ思います。生音って贅沢ですね!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
LASWARA
Gas Lamp Blues
Bluse fot Tony
Red Alart

¶ 第二部
Rena
Pud Wud
Mist of a provinces
去太阻
Proto Cosmos
Fred

¶ アンコール
bestplay/Red Alart

今夜のレポートは Junichi がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Junichi

----------------------------------------
■Far East Band Return〜30 年ぶりのLIVE!!〜
Welcomebackでは「ノイズ磐梯山」「With daddy doM」でおなじみのむらさきひろふみですが、実は30年前にインストバンドで新宿Pit Inn などに出演しておりました。
それがFar East Bandでして、1989年に結成、オリジナルインスト曲を中心に活動を続けておりましたが1991年に解散、その後は各自の道を歩んでおりました。
メンバーはGt. 丸本修士、Ba. むらさきひろふみ、Dr. 原孝之の3名がオリジナルメンバー、ともにミュージックカレッジ「メーザーハウス」で一緒に学んでおりました。
丸本は昨年、亡くなったギタリスト、Allan Holdsworth氏と親交が深く、日本でも指折りのAllan研究家として本年はアメリカでもトリビュートライブに呼ばれたりしており、むらさきはSEGAでのサウンドクリエイターのキャリアを手始めに活動の幅を広め、原はセッションドラマーとして活躍中です。
そして、昨今のFacebook等のSNSで皆の消息が徐々に明らかになり、未だ活動を続けていることが判明し、連絡を取り合うようになりました。今回はキーボードに同じくメーザー出身で沢田研二の音楽劇などで演奏する久保祐子を迎えてのリターンライブです。
Allanの楽曲はもとより久々のインストオリジナルでお送りする、一期一会のライブ、どうぞご期待下さい。

日時:2018 年6 月14 日(木)19 時〜(18 時半開場)
会場:大塚Welvomeback
〒170-0005
東京都豊島区南大塚3−44−11 フサカビルB1
Tel & Fax 03-5957-5141
http://www.welcomeback.jp/
E-mail : entry@welcomeback.jp
ミュージックチャージ:3000 円(この他に飲食代がかかります)

出演
Far East Band
Gt. 丸本修士
https://www.facebook.com/osamu.marumoto


[戻る]