2018年6月1日

20180601.jpg 18th Anniversary

おかげ様でウェルカムバックは5月で18周年を迎えます。5/1〜6/3まで、バラエティ豊かなステージをお楽しみ下さい。


●●ASSORT NIGHT●●
     
     music charge \2,500
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
start 19:00

【ライブ・レポート】
■Libera Cielo
6月のオープニングを飾るバンドは『自由な空』を意味するバンド名の【Libera Cielo】。その名が示す通り、ヴァイオリンにマリンバ、ウッドベースにトランペット、アコーディオン、ドラムにギターと、7つの楽器編成の異色のバンドです。ヴァイオリンの閔(みん)さんを中心にアラブやジプシー音楽からの影響や、ギターのポールさんのロシアの血を感じさせる曲もあったりと楽曲が非常に国際色豊かです。ステージ自体は心して聞く気持ちにさせるものが多く、美しい旋律や重厚感のある楽曲が多いせいか、MCでは対照的に緊張をほぐすかのような和気藹々とした雰囲気でとっても楽しいんです!オリジナルで構成されたセットリストも素晴らしく聞き応えも充分、再演願いたいバンドがまた一つ増えました!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
マーブリング
月虹
9.9999
Smoked Mackenel and Stoli
Time in Struggle
bestplay/GANKIN NO ODORI

¶ 第二部
陽気な酔っ払い
A Dance Trough the Coral
新曲
宵蛍
Storm Dance
So For I

¶ アンコール
Fire Dance

今夜のレポートは Non がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Non

----------------------------------------    
■Libera Cielo(リベラシエロ)
閔賢基(ヴァイオリン)
加茂栄吾(トランペット)
三浦咲(マリンバ)
ポール・ドロシュ(ギター)
安藤亮輔(ウッドベース)
藤野由佳(アコーディオン)
ふーちん(ドラム)

Libera Cieloプロフィール
「様々な音楽を取り入れたオリジナル楽曲と異色な楽器編成のインストゥルメンタルユニット」
「リベラシエロ」は”自由な空”の意。
様々な音楽のエッセンスを取り入れたオリジナル楽曲を、
多彩な音色を持つ楽器編成による斬新なサウンドで奏でるインストゥルメンタルユニット。
メンバーはクラシック・ジャズ・アラブ・ジプシー・アイリッシュ、ポップスなど様々なジャンルの経験者から成る。

URL:http://liberacielo.com


[戻る]