2018年5月5日

20180505.jpg 18th Anniversary

おかげ様でウェルカムバックは5月で18周年を迎えます。5/1〜6/3まで、バラエティ豊かなステージをお楽しみ下さい。


●●ROCK NIGHT●●


     music charge \3,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:00
     start 19:00

【ライブ・レポート】
■Machu Picchu「絵空事にならない為に」
 本日は当店にて『Machu Picchu「絵空事にならない為に」』が開催!定番の「明けましておめでとうございます」の一言からスタートしました!
 Machu Picchuは壮大な風景のイメージを彷彿とさせる、引きこまれるようなボーカルの歌声が特徴!「マチュピチュ」「大地の唄」の2曲はその歌声とパーカッションの多彩な音色があわさることによって、楽曲の持つ独特な世界観が色濃く現れているように感じられました!
 後半の「虹のように」もギターを主軸にしてその独特な世界観が巧みに表現されていました!
 演奏されるオリジナル楽曲はバラエティとテクニックが両立したオリジナリティ溢れる楽曲ばかりで、特に素数をテーマにした「掌に無限を乗せて」はイントロからそのテーマの存在を強く感じるパフォーマンスとなっていました!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
答え探して
逃れられないもの
マチュピチュ
大地の唄
地と歌い 風と踊れ
バランスを取りながら
拳に無限を乗せて

¶ 第二部
虹のように
Indian Summer
雨の森
意識の旅
絵空事にならない為に
未来と言う名の大空へ

¶ アンコール
心が全ての鍵を握っている
bestplay/夢で見た事

今夜のレポートは Sakai がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Sakai

----------------------------------------

■Machu Picchu「絵空事にならない為に」
Vocal&Piano:田村昌之
Guitar:池内秀樹
Bass:笠原直樹
Drums:川口伸王
Percussion:大宮真人

1993年に田村昌之を中心に結成。
バンド名はインカ帝国の遺跡マチュピチュと同じだが、 由来は直接それとは異なる。以前からオリジナル楽曲を 手掛けている田村がふっと呟いた『響き』が在った。 「マチュピチュ・・・」そんな声で愛を、平和を願って 鳴く鳥の唄を書こうと心に思い手帳に記録して置いた。 それから数年、とある本に目を通していると、懐かしく 思える、でも確かに初めて見る名前の遺跡が掲載されて いた。それがマチュピチュ遺跡だった。田村は昔、自分 が書き記した『響き』を探して見た。同じだった。 その時、田村はリーダーバンドを立ち上げる時は必ず 「マチュピチュ」にしようと心に誓った。 それから数年後、1993年バンドマチュピチュ結成と成る。 「マチュピチュ」の名を背負うのだからという事も在り、 その遺跡の事を調べて行くと、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオの哲学や思想などが自分の考えと共通す る点が多くまたそれに共感し、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオ、ケチュワ族にまつわる神話や世界観を モチーフにした楽曲を核に自分を含めた現代人が忘れかけている大切なものをメッセージして行く事をコンセプ トにジャンルに捕らわれない音楽性の追求と映像的なサウンドを目指し活動している。

http://machupicchu.art.coocan.jp/


[戻る]