2018年5月3日

20180503.jpg 18th Anniversary

おかげ様でウェルカムバックは5月で18周年を迎えます。5/1〜6/3まで、バラエティ豊かなステージをお楽しみ下さい。


●●第122回ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00
【ライブ・レポート】
■第122回 ビートルズ大会
 本日は店企画である『第122回 ビートルズ大会』!今回は計5バンドが、様々なアプローチでビートルズの楽曲を演奏し、会場を盛り上げました!

【Smoky Peat】
 一組目に登場したのは『Smoky Peat』3ピースバンドとは思えない、多彩なアレンジを演奏!特にギターパートのテクニックが際立つ「A Hard Day's Night」のアレンジがハイクオリティな仕上がりとなっていました!

bestplay/I wanna be a man

【遊撃捜査班】
 二組目に登場したのは『遊撃捜査班』!バンド名に溢れ出るセンスを感じざるを得ません!全曲通して、コピーの難しいボーカル&コーラスのクオリティが圧巻で、メンバーが真剣な面持ちでマイクに向かう姿には、後光がさすようでした!

bestplay/And your bird can sing

【Caz's R&R Garden】
 三組目に登場したのは『Caz's R&R Garden』!本日唯一、ソロでの弾き語り!しかしソロでありながら、SEを駆使したバンド顔負けのハイクオリティな演奏となっていました!また、MCのギブソントークで会場を和やかな雰囲気に包みました!

bestplay/Dig A Pony

【The Quiet Beatles】
 四組目に登場したのは『The Quiet Beatles』!楽曲によってメインボーカルを交代!メンバーのパフォーマンスの高さが伺えました!その中でも、女性ボーカルによるカバーは非常に珍しかったのではないでしょうか!また、演奏のクオリティからは勿論、メンバーの使用機材からも強いビートルズ愛を感じました!

bestplay/Boys

【Kernelthunder & Lonely Hearts Club Band】
 五組目に登場したのは『Kernelthunder & Lonely Hearts Club Band』リンゴ・スター
特集と題してリンゴ・スターの楽曲を演奏!柔らかで温かみのある歌声が魅力的!またMCで各楽曲の解説をされたりと非常に丁寧なパフォーマンスとなっていました!

bestplay/Walk with me

今夜のレポートは Sakai がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Sakai

----------------------------------------

■Smoky Peat
本郷 賢(ギターVo.)
砥上 直樹(ベース)
藤田 裕行(ドラムV0.)

■遊撃捜査班
戦力外捜査官(ボーカル、ギター)
ゴンちゃん(ボーカル、ギター)
恋するレオパレス(ボーカル、ベース)
さゆり(ボーカル、キーボード)
さとし(ドラム)

結成して32年以上なのに活動時間は200日程度のゆるいバンドです、と4年前、このビートルズ大会のバンド紹介に書かせてもらったわけですが、本当に、今日はそれ以来、4年ぶりのライブです(笑)。
今回は海外で活動していたkeyboardが入り、より重厚な選曲となりました。名前だけでも覚えていってください!

■Caz's R&R Garden
伊藤 一如 (Vo. G)

■The Quiet Beatles
タクポ as Paul
コウイチ as John
チエ as Ringo
モリ as George

ちえもりの固定センターライン (野球?(笑))に素敵なジョンとポールをお迎えしてその場限りのユニットを組んでいます(2度目もあるかも知れません(笑))。
今回も皆さんに喜んで頂けるライブにしたいと思っています。

■Kernelthunder & Lonely Hearts Club Band
カーネルサンダー(G,Vocal)
ロンリーハーツ1号(B)
ロンリーハーツ2号(G)
ロンリーハーツ3号(Dr)
ロンリーハーツ4号(Key)
HP:http://www.kernelthunder-lhcb.com/


[戻る]