2018年2月12日

20180212.jpg ●●貸切●●

     music charge \1,500
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 14:00
     start 14:30
【ライブ・レポート】

■みんなのうた2018

【ターミナルズ】
 一組目は『ターミナルズ』序盤はソロのギターの弾き語りで、中盤からはスタンダードなバンド構成でパフォーマンス!ユニークな世界観の楽曲で会場を盛り上げました!弾き語りパートでの、テクニカルな指弾きギターソロは観客の目を釘付けにしていました!

bestplay/Red house

【PHOENIX】
 二組目は『PHOENIX』多くのアクシデントを不死鳥の様に乗り越え、オリジナルのバンドTを身に纏い登場!ボーカル・コーラスを中心としてポップスを演奏しました!男性ボーカルの力強い声で歌われる斉藤和義の「ずっと好きだった」などメッセージ性に富んだ楽曲が観客の胸を打つ様子が伺えました!

bestplay/雨上がりの夜空に

【JUKEBOX】
 三組目は「JUKEBOXだョ!全員集合」の掛け声から始まった『JUKEBOX』「アニメソング」や「365日」をテーマに国内ヒットソングを演奏!MCや演奏中のツインボーカルの掛け合いが非常に魅力的!特にMCでのラジオパーソナリティーさながらの二人の流暢なトークがたまりません!

bestplay/明日があるさ

【we】
 四組目は『we』ハイトーンボーカルが特徴的な、Mr.Childrenの「フェイク」「himawari」などをカバー!巧みに各曲の哀愁を表現しました!しかし、クールダウンするような楽曲だけでなく、中盤からはアップテンポな楽曲も演奏!会場の盛り上がりから、グループとしての一体感の高さを感じざるを得ないパフォーマンスとなっていました!

bestplay/終わりなき旅

【SUMMER RIDERS】
 五組目は今回初ライブ、夏ギラギラな『SUMMER RIDERS』バンド名の通り夏を彷彿とさせるカバーをメインに演奏!一貫してムーディーな演奏となっていた中でも、キーボードが主軸となって演奏されたTUBEの「君となら」は引き込まれるような迫力で会場を圧倒しました!

bestplay/SUMMER DREAM

今夜のレポートは Sakai がお届けしました。 
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Sakai

----------------------------------------
■みんなのうた2018 2days
みんなのうた2018 2days は Gamo & Lucian の呼びかけによる、2日間に渡る超大型合同ライブです。

14:00開場
14:30開演
14:30ターミナルズ
ドラムボーカルによる3ピースバンド。
15:45PHOENIX
PHOENIXが蘇らせる!みんなで歌える懐かしい曲たち♪
16:30JUKEBOX
男女ツインボーカルによる邦楽のカバー。
17:35we
Mr. Children のカバー。
18:40SUMMER RIDERS
TUBE のカバー。
19:40終了


[戻る]