2017年12月12日

20171212.jpg ●●One Acoustic Night vol.84●●


     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:00
【ライブ・レポート】

Welcomeback presents《One Acoustic Night vol.84》

■レッドホットガンボ
本日は怒涛のカヴァー大会!普段のオリジナルメインとは一味違うセットリストを用意してくださった【レッドホットガンボ】東澤さん!
カヴァー曲とはいえ、東澤さんが歌うとまた味のある楽曲となり耳に残ります。黒いハットにスーツでビシッと決め、ブルースハープを吹く姿はいつもより渋さが際立ち、かっこいい!
それぞれの曲にまつわるエピソードも聞かせてくれ、楽曲をより楽しめるステージとなりました♪

∬今夜の演奏曲目
春夏秋冬
加川良の手紙
青空
コーヒーブルース
Good Night
明るい表通りで
時の過ぎゆくままに
なんとなくなんとなく
bestplay/榎本牧場に行ったことがあるか
明日なき世界

■野口泰男
優しく爽やかな歌声を会場に響かせてくれた【野口泰男】さん!たくさんのお客様が駆けつけてくださり、野口さんの歌に聴き入っている様子が見て取れます。
バンドでもご出演頂いておりますが、弾き語りになるとあたたかみのある歌詞とメロディーがさらに優しく心に響きます。
楽曲に詰まったメッセージも、お客様一人一人にしっかりと届いたのではないでしょうか。
最後には、この時期ぴったりのクリスマスソングでしめてくれました!

∬今夜の演奏曲目
幸せな週末
陽だまりのささやき
Rain
光の行方を追って
bestplay/この夜の片隅から
Hometown in my eyes
原色の交差点
競馬場のある街
路上の歌

■dibs〜利華一人〜
最初に奏でた、その1ストロークでお客様をぐっと自分の世界へ引きこんでしまう、【dibs〜利華一人〜】。
MCはなく、楽曲が次々と演奏され、一音一音にこめられたエネルギーが聴き手に強く伝わってきます。
この力強く、どこか緊張感のある、深く独特な世界観に浸り、夢中になって聴いていると、あっという間にアンコールへ。
「良いお年を!」と、今年最後のOne Acoustic Nightを締めくくってくださいました!

bestplay/monophonic
※セットリストの公開はございません。

今夜のレポートは yukari がお届けしました。 
*bestplay recorded by Masahito Kawaguchi
*photo by yukari

----------------------------------------

■レッドホットガンボ
ストロング東澤:ボーカル、ギター

ブルース、フォーク等古き良き時代の音楽を敬愛するストロング東澤を中心とした不定形ユニット。ひとりぼっちの時もあり。
日本語詞にこだわり、ルーツミュージックの探求を続けながら都内を中心に活動中。

ブログ
http://ameblo.jp/redhotgumbo/

■野口泰男
Gt.Vo:野口泰男

学生時代からギター、曲作りを始め、
弾き語り、バンドで、ライブやレコーディングを重ねてきました。
曲調はポップロック。色や風景を感じさせる曲作りを心がけています。

■〜dibs利華一人〜
Gt/Vo 利華

オフィシャルホームページ
http://www.dibs.jp/

ブログ
http://dibs-rika.seesaa.net/

個人プロフィール
利華...guitar. vocals
生年月日:1973.1.16
身長:180.1cm
体重:74kg
足size:26.5cm or 27cm
視力:右0.02 左0.01
血液型:B-type
たばこ:hi-lite
好物:麻婆豆腐
趣味:洗濯
特技:テレビみる
欲しい物:忘れもの
好きな言葉:初心忘れるべからず
一言:これから...これから!

ギター1本で歌い、生み出すその世界観は、唯一無二。
その人と形がそのまま、音と言葉に刻まれた圧倒的な世界観は要必見です。


[戻る]