2017年5月6日

20170506.jpg 17th Anniversary

おかげ様でウェルカムバックは5月で17周年を迎えます。5/1〜6/4まで、バラエティ豊かなステージをお楽しみ下さい。


●●ROCK NIGHT●●


     music charge \3,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:00
     start 19:00

【ライブ・レポート】

■Machu Picchu活動24周年ワンマンライブvol.79
「ゴジラの背中」

ゴールデンウイークも終盤、本日はMachu Picchuの公演です!去年もこの時期にライブを開催し、その時の挨拶も
「あけましておめでとうございます!」でした。今年も同じく2017年最初の公演となります!
活動24周年という事で、ウェルカムバックの歴史よりも長く続いている先輩バンドさんです。
Machu Picchuにはこの曲を聴くと安産になる、というジンクスがある【誕生】という曲があるのですが、今日も演奏してくださいました!
これできっと私安産だと思います…!ありがたや。。。
さて、毎回ライブ毎にタイトルをつけ新曲と小説を届けてくれるMachu Picchuですが、今回のタイトルは【ゴジラの背中】
今回は少し実話も含まれているそうです。田村さんと亡くなったお父様との思い出話にもリンクしているこのお話。田村さんがお父様と一度だけ一緒に飲んだ時に教えてくれたという
【生きていく上で最も難しい事は平常心であること】
そんなエピソードを聞いた上でもう一度小説を読み返すとまた違った思いもこみ上げてきます。家族について考えるきっかけとなるようなライブとなりました!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
答え探して
皆知っている事
マチュピチュ
大地の唄
地と歌い風と踊れ
誕生
虹のように

¶ 第二部
歯車
鳥のように
雨の森
意識の旅
ゴジラの背中
未来という名の大空へ

¶ アンコール
bestplay/心が全ての鍵を握っている
夢で見た事(僕の存在)

今夜のレポートは MEG がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by MEG

----------------------------------------

■Machu Picchu活動24周年ワンマンライブvol.79
「ゴジラの背中」
Vocal&Piano:田村昌之
Guitar:池内秀樹
Bass:笠原直樹
Drums:川口伸王
Percussion:大宮真人

1993年に田村昌之を中心に結成。
バンド名はインカ帝国の遺跡マチュピチュと同じだが、 由来は直接それとは異なる。以前からオリジナル楽曲を 手掛けている田村がふっと呟いた『響き』が在った。 「マチュピチュ・・・」そんな声で愛を、平和を願って 鳴く鳥の唄を書こうと心に思い手帳に記録して置いた。 それから数年、とある本に目を通していると、懐かしく 思える、でも確かに初めて見る名前の遺跡が掲載されて いた。それがマチュピチュ遺跡だった。田村は昔、自分 が書き記した『響き』を探して見た。同じだった。 その時、田村はリダーバンドを立ち上げる時は必ず 「マチュピチュ」にしようと心に誓った。 それから数年後、1993年バンドマチュピチュ結成と成る。 「マチュピチュ」の名を背負うのだからという事も在り、 その遺跡の事を調べて行くと、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオの哲学や思想などが自分の考えと共通す る点が多くまたそれに共感し、マチュピチュ遺跡を創造 したインディオ、ケチュワ族にまつわる神話や世界観を モチーフにした楽曲を核に自分を含めた現代人が忘れか けている大切なものをメッセージして行く事をコンセプ トにジャンルに捕らわれない音楽性の追求と映像的なサ ウンドを目指し活動している。

http://homepage3.nifty.com/MachuPicchu/


[戻る]