2016年10月23日

20161023.jpg ●●第113回 ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00
【ライブ・レポート】
Welcomeback presents
《第113回 ビートルズ大会》

■スターシップ
トップバッターはパワフルな女性ボーカルのビートルズバンド、スターシップが登場です!勢いのあるサウンドで会場を一気にあたためます。いつもはライブをやろうと決めると一年後位にステージに立つそうですが、今回は2か月ほどの準備期間での登場となりました。
メンバーが揃わなかったので、強力な助っ人としてボーカルの尾崎さんにお願いしたんだそうです。ロック色の強いビートルズサウンドでこれはこれでアリな気もしますよ!平均年齢も一気に下がり、華やかさもアップしたのでは…!?
bestplay/Day Tripper

■網本勝敏
続いては初出演となる網本勝敏さん!ソロでの出演です。ギターの弾き語りでゆったりとしたビートルズサウンドはあたたかみのある歌声にとても良くマッチしています。つまはじくギターの音もとても優しく、お人柄が伺えますね。
しっとりとしたアコースティックな空間を30分の中で作り上げてくれました!
bestplay/Imagine

■ヒロポンズ
スリーピースの編成で主に初期ビートルズのナンバーを演奏してくれたのはヒロポンズ!リハーサル終わってからずっと飲み続けているというベースボーカルの古田さん!「もうベロベロです」なんて仰ってましたがノリのよい演奏を聞かせてくれましたよ!
8.5曲、MCもそこそこに駆け抜けてくれました!
bestplay/I Saw Her Standing There

■原田K介withひらぴぃ
後半戦、すっかりお馴染みとなった日本語ビートルズを歌う男と言えば原田K介!本日は【ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル】の発売を記念してその中から曲をチョイス。勿論全て日本語でカバーされている曲を探してきてそれらを演奏するという徹底っぷり!
毎度ながら一人四役をこなす原田さんとそれを笑顔で見守りながらドラムを叩くひらぴぃさんの姿が印象的です…(笑)
bestplay/抱きしめたい

■THE KRAKEN
ビートルズのアルバムの順番にセットリストを組んでライブをやっているTHE KRAKEN!今回はウィズ・ザ・ビートルズからの選曲です。本日はベース、みつくんさんがフルマラソンを完走してきてからのライブという何ともタフなバンドです。
しっかりとトリを務めてくれました!
bestplay/Thank You Girl

今夜のレポートは MEG がお届けしました。 
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by MEG

----------------------------------------

■スターシップ
尾崎 瑞穂 (Vo.)
松澤 摂 (ギター)
小出 昇 (ベース)
佐藤 正 (ドラムス)

■網本勝敏
Gt.Vo 網本勝敏

■ヒロポンズ
古田弘樹(ベースVo.)
松崎直人(ギターVo.)
水谷純一 (ドラムVo.)

■原田K介withひらぴぃ
原田K介 Guitar, Vocal
ひらぴぃ Drums

2011年に某ビートルズ系ライブハウスの大規模なビートルズイベントに参加するにあたり、それまでマニアと言って良いほど愛好していたビートルズそのものの研究から一歩逸脱し、『60年代〜70年代に日本で本当に売られていた、(多分、勝手に)日本語にされてしまったビートルズの楽曲』の発掘&コピーに踏み込んでみたところ、これが意外なほどウケてしまい、未だに足を洗えずにWelcomebackのビートルズ大会にも時々出没中。

原田K介ブログ『wansukeの寝姿日記』
http://tsumujigadaira.blog64.fc2.com/
一見犬だらけの様でいて、毎回セルフLIVEレポートを掲載。

■THE KRAKEN
のべ(G)
みつくん(B)
シオジ(G)
今井(Dr)

3回目の出演です。
ビートルズのデビューアルバム1曲めから順番に取り組んでいますが、
今回は2枚目のアルバムに到達しました。A面全曲+αをお届けします。




[戻る]