2016年2月11日

20160211.jpg ●●第109回 ビートルズ大会●●


     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


【ライブ・レポート】

■The Bug Four
トップバッターから元気いっぱい、結成当初のビートルズと同世代のThe Bug Four!
安定した演奏と、若さたっぷりの歌声で最初から会場を盛り上げてくれました!
bestplay/Money

■Caz's R&R Garden
打ち込み音源を使って、たった一人でビートルズの世界観をしっかりとつくり上げる、Caz's R&R Gardenさん!
歌を歌う姿も、ギターを弾く姿も気持ちよさそうで、こだわりの音が心地よく会場に響きました。
bestplay/Dig A Pony

■Goldie&Beerdie
お二人で素敵なハーモニーを聴かせてくれた、Goldie&Beerdie!
その美しい歌声にみなさんうっとり!魅力的なハーモニーに釘付けになるステージを披露してくれました!
bestplay/I've Just Seen Love

■GLOVE LOVE
これぞビートルズ!と言わんばかりのサウンドを聴かせてくれた、GLOVE LOVE!
衣装もビシッと決め、長年続いてきたバンドならではの味、そしてビートルズ愛の溢れる演奏を聴かせてくれました!
bestplay/I Want You

■The Abby Rose
メンバーそれぞれが一本の薔薇を装った、The Abby Rose!
今風の艶やかなサウンドと華やかな女性コーラスで会場を盛り上げ、一体感のあるステージを披露してくれました!
bestplay/Girl

■Georgeles
ド迫力のサウンドで始まった、Georgeles!
力強い歌声で、心にぐっとささります♪ギターのハモリもばっちり決まり、とっても楽しそうに演奏されていました!
bestplay/we can work it out

■原田K介withひらぴぃ
本日のトリは原田K介withひらぴぃ!
アコースティックギターとドラムという組み合わせで、思わず手拍子したくなるノリノリのステージ。【日本語でビートルズ】に光を当て、演奏してくださるのですが実に多くの方がビートルズを日本語でカバーしているんですねぇ。毎回発見が多いです。今夜もビートルズと日本語の魅力たっぷりのステージで締めてくれました!
bestplay/カム・トゥゲザー

今夜のレポートは yukari がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by yukari

----------------------------------------

■The Bug Four
福地 (Gt,Vo)
田中 (Ba,Vo)
菊地 (Gt,Vo)
濱本 (Dr,Vo)

デビュー当時のThe Beatlesと同世代のコピーバンドです!

■Caz's R&R Garden
伊藤 一如 (Vo & G)

■Goldie&Beerdie(ゴールディ&ビアディ)
Goldie:ヴォーカル・コーラス・ギター
Beerdie:ヴォーカル・コーラス・ギター

The Beatlesの曲の魅力は、歌、歌詞、メロディ、バンドサウンド等、ほんとうにいろいろあると思いますが、Goldie&Beerdie では、その中でも「ハーモニー」の魅力を浮き彫りにできればと思い、ミニマムな二人組という編成で活動をしています。二人ともそれぞれ自分のバンドもありますが、並行してデュオでのサウンドを突き詰めたいと思っています。一緒に楽しんでいただけるとよいのですが。

■GLOVE LOVE
森雄三(Vo. G)
金子実(Vo. B)
田中良彦(Vo. G)
船津康次(Vo. Drums)
田中久留美(Keyboard. Percussion)

■The Abby Rose
ジョン・コーシー(Vo.ギター)
ジョージ・シュガー(Vo.ギター)
ポール・ハピネス(Vo.ベース)
リンゴ・ベアー(Vo.ドラム)
クノ・ヨーコ(Vo.キーボード)

■Georgeles
ジョージ高津 (ギターVo.)
ポール有馬(ベースVo.)
ジョン松本(ギターVo)
ゴッチカズ(ドラム)

■原田K介
原田K介 Guitar, Vocal

2011年に某ビートルズ系ライブハウスの大規模なビートルズイベントに参加するにあたり、それまでマニアと言って良いほど愛好していたビートルズそのものの研究から一歩逸脱し、『60年代〜70年代に日本で本当に売られていた、(多分、勝手に)日本語にされてしまったビートルズの楽曲』の発掘&コピーに踏み込んでみたところ、これが意外なほどウケてしまい、未だに足を洗えずにWelcomebackのビートルズ大会にも時々出没中。

原田K介ブログ『wansukeの寝姿日記』
http://tsumujigadaira.blog64.fc2.com/
一見犬だらけの様でいて、毎回セルフLIVEレポートを掲載。


[戻る]