2015年2月11日

20150211.jpg ●●第103回ビートルズ大会●●


     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


【ライブ・レポート】

《第103回 ビートルズ大会》

■BAY TRIPPERS
メンバーの個性がキラリと光る、本日のトップは「BAY TRIPPERS」!
全員がしっかり演奏に集中しつつも、時折垣間見えるメンバーの楽しそうな表情がGOODでした!

bestplay/Taxman

■Caz's R&R Garden
お馴染み「Caz's R&R Garden」!
今日も様々な音を操り、とてもメンバー一人とは思えない充実したサウンドで楽しませてくれました!

bestplay/Badge

■The Tenants
こちらもお馴染み「The Tenants」!
裏も表も“ビートルズ好き”を上手に巻き込んで、流石のベテランぶりを垣間見させてくれました!

bestplay/Nowhere man

■PAULソーセージ&ウィンナース
何だかバンド名から肉食な薫りの漂うバンド、「PAULソーセージ&ウィンナース」。
このイベントは2回目の参加ながら、落着きと説得力のあるステージを魅せてくれました!

bestplay/Venus

■THE BABLEAS
男女2人ずつという、ちょっとありそうでなかなか見ない編成の「THE BABLEAS」。
シャイな笑顔と裏腹に、ビッとした衣装とステージで決めてくれました!

bestplay/Nowhere man

■JEATLES
大人の男がどっしりと聞かせてくれるビートルズはまた、味わい深く印象的。
「JEATLES」の奏でる流石のアンサンブルに、会場も思わず聴き入るステージでした!

bestplay/Mr.Moonlight

■TEKITO
ラストを飾るのはその名も「TEKITO」。いえいえ!適当なんかじゃありません!
丁寧に織り上げる、国際色豊かな全員の音は、ビートルズへの愛をしっかり感じる、素敵なステージでした!

bestplay/Eight Days a Week

今夜のレポートは aki がお届けしました。 
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by aki

----------------------------------------

■BAY TRIPPERS
知行 ギター ケイ キーボード
バッシー ギター ボーカル
室田 ベース
タロー ドラム

■Caz's R&R Garden
伊藤一如 (Vo. G)

■The Tenants
オオイ; ボーカル、ギター(アコギ&エレキ)
イリイ: ボーカル、ベース
フジイ:ギター、ボーカル
オオハシ;ドラム
テンマ: ピアノ、キーボード、ボーカル

”わたしたちテナンツは、ビートルズの世界感を含めた彼らのサウンドを再現し、みなさんと一緒に体感することを目指しています。

今回のテーマはRubber Soul 、 ビートルズが初期のノリ、躍動感、ハーモニー、そして何よりもビートルズとしての一体感を
保ちながら、しかし、精神的な深みへの探求をはじめたこのアルバムは、渋谷陽一氏をして

’他のアルバムにはない苦みを湛えた一枚’ と称されています。

今回はすべてこのアルバムから Drive my car/Norwegian Wood/ You won't see me/ Think
for yourself/ In my life/ Wait を演奏します。 ”


■PAULソーセージ&ウィンナース
しげ(Vo.B)
とみー(G/Cho)
えいじ (Dr)
よしリンダ (Key)

■THE BABLEAS
マジジョン(Vo.G)
ポニー(Vo.BG)
ジェット(Vo.G)
リンダ (Vo.Ds)

■JEATLES
堂園光則(Vo.G)
松井愼介(Vo.BG)
山田晃 (Vo.G)
森田淑恵(Vo.Ds)
不破勝まふみ(Kb)

■TEKITO
Ben Haworth (Vo./ピアノ)
David Friedmann(ベース/Vo.)
Rina Suzuki(ドラム/Vo.)
Michiwo Kojima(キーボード)
Yuhei Meguro(フルート)


[戻る]