2014年12月23日

20141223.jpg ●●第102回ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00

【ライブ・レポート】
Welcomeback presents
《第102回 ビートルズ大会》
2014年最後のビートルズ大会!今回も個性豊かなビートルズを愛する7組の出演者が登場!

■カーネルサンダー&ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
トップは某先生方により結成されたカーネルサンダー&ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドです!鍵盤を3台巧みに操るロンリ―ハーツ新井さんのプレイも見所!
今回もマニアックな選曲があったり、ファンがニヤリとするライブとなりました。
bestplay/Martha,my dear

■原田K介
お次はウェルカムバックでプロデイにも出演している日本語に訳されたビートルズを歌う原田K介。ギター一本でシンプルに弾き語りでビートルズを演奏するだけではなく、一人4役で全てをカバーする一曲で疲労困憊になる曲なども(笑)
様々なアーティストがカバーしている日本語版ビートルズソングを聴かせてくれました!
bestplay/ヘルプ!

■Acoustic Beatle
続いては今年やっと長年の夢が叶ったというAcoustic Beatle。カールさんはビートルズが大好きなのに、今まで一度もコンサートを観た事がなく、ようやく今回ポールマッカートニーを観ることが出来、とても嬉しかったそうです!
ネイティブな発音でビートルズの曲を弾き語ってくれました!
bestplay/Eleanor Rigby

■THE QuarryBEAT
アコースティックの後はバンド元気いっぱいのステージを毎回届けてくれるTHE QuarryBEATです!ところが今日はポールの労働条件が悪く体調不良…そのため、急遽セットリストをチェンジするという事態に。ですが、精いっぱい歌って聴かせてくれました。
特に元気なリンゴは気持ちの良いビートと歌声を聴かせてくれました!
bestplay/I Wanna Hold Your Hand

■赤坂レッドスロープス
金融機関で働く(働いていた)バンドマンが集結!赤坂レッドスロープスが登場です。紅一点のドラム、松澤さんが女性特有の繊細さを生かしたリズムを刻み、バンド全体も非常に丁寧な演奏でしっかり聴かせてくれました!
bestplay/Get back

■5th Floor Kitchens
こちらはビートルズ大会初登場!しかし初登場にして本日解散!という潔いバンド、5th Floor Kitchensです。なんでも、このビートルズ大会に出る為に結成されたとのこと。
リズム隊を女性陣が支え、パワフルな歌声でカッコイイのに解散だなんて勿体ない!是非また再結成して出演してもらいたいです!
bestplay/Bad Boy

■BEATER
最後はなんと12年振りにウェルカムバックに登場!BEATERです!長年やっているだけあって、メンバー間の信頼関係が音の厚みとなって表れています。ハーモニーも美しく、気持良い音が響きます。そしてこちらのバンドもドラムが女性!リンゴ姫・北條さんが活躍してくれました!
bestplay/Nowhere man

今夜のレポートは MEG がお届けしました。
*bestplay recorded by Nakamura Hiroyuki
*photo by MEG
----------------------------------------

■カーネルサンダー&ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
カーネル桑原 (Vo.)
ロンリーハーツ古谷 (ギター)
ロンリーハーツ川崎 (ベース)
ロンリーハーツ新井 (キーボード)
ロンリーハーツ鈴木 (ドラムス)

http://www.kernelthunder-lhcb.com/ 

■原田K介
原田K介 Guitar, Vocal

■Acoustic Beatle
Carl Shishido  (Vo./ギター)

■THE QuarryBEAT
J ポッキー清水
P to-shi
G ユージ・ハリスン
R ヤッシー景

■赤坂レッドスロープス
鈴木 (Vo.ギター)
室園 (vo.ギター)
戸谷 (vo.ベース)
室町 (vo.キーボード)
松澤 (ドラム)

■5th Floor Kitchens
マツシマ(Vo.G)
ササキ(G.Vo)
アリー(D)
ナカザワ(B)

■ BEATER
マーサ・水谷   (G.Vo.)
スモーキー・岡本 (G.Vo)
リベル・広田  (RG.Vo)
リンゴ姫・北條  (Dr)


[戻る]