2013年3月11日

20130311.jpg Welcomeback presents
●●One Acoustic NIGHT●● vol.27


     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30

《One Acoustic Night》はウェルカムバックが企画するイベントです。
「アコースティック」を切り口にオリジナリティーにあふれたミュージシャンを集めました
どのアーティストもお眼鏡にかなった実力者ばかり!
心に染みる優しい歌、大地から響く深い調べ
新しい音楽がここにあります


【ライブ・レポート】

Welcomeback presents
《One Acoustic Night vol.27》

■親指企画
昭和の香りが漂う、温かくどこか懐かしい世界観で心を掴む「親指企画」。
赤羽を拠点に活動する彼らのライブは、“人”の部分が随所に散りばめられています。
普段の出来事から、ライブハウスでの出来事まで様々な魅力を見せてくれるステージでした。

∬今夜の演奏曲目
言葉を全部過去形にして
くたびれ損の骨折れ儲け
約束
二人のSpiral
バランス
ウソ臭い朝に
'11 初夏 仰ぎ見る空に
二人のChannel

■高尾彩佳
 少女のような純真な歌詞と、透き通るような歌声。
高尾さんの世界観は、ファンタジックでありながら、垣間見える女心がスパイスになって、聴き手がそれぞれ「そんな頃あったな」と思い返してしまいます。
ちょっと甘酸っぱい、思い出に浸りたくなる時間でした。

∬今夜の演奏曲目
きりんちゃんのテーマソング
おはじき
あなたに・・・
空へ逝く日・・・
小さい花
泣きむし空
わた雪

■モンゴル松尾
 「あ〜ぁ」という、待ち合わせした人が来ないため息を、ピアノで見事に表現した曲で幕を明けた今日のステージ。力強く、そして活き活きとしたフレーズと、リアリティ満載の歌詞が印象的です。
語りかけるような、それでいて物語のような世界に引き込まれるステージでした。

∬今夜の演奏曲目
あ〜ぁ
待ちぼうけ
カメに捧ぐ
Blessing
イマジン
I am the Walrus
やることなす事うら目に出ても

今夜のレポートは aki がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Takahashi

----------------------------------------

■親指企画

原田K介 Guitar, Vocal
赤羽エリック Guitar, Vocal

“親指企画“は原田K介が学生時代の仲間と結成した三人組の、オリジナル曲中心のアコースティック・ユニット。
昭和の終わりから平成のひと桁の時代にかけて、都内LIVEハウスを中心に活動。
作詞・作曲は原田が中心であったが、
原田が書いた歌詞に他のメンバーが作曲するパターンも。
年に数回、岐阜・名古屋・新潟方面などへの遠征も行っていた。
「200万円用意したらデビューさせてやる」
などという怪しげなプロダクションからの誘いなども受けたが、
幸いにも誰一人お金が無く、詐欺被害には遭わずに済んだ。
平成がふた桁に突入する頃、三人三様の大人の事情により活動停止。
当時はまだCD-Rは普及しておらず、自主制作カセット・アルバムを数作品残した。

時は移り2000年代、六本木のビートルズLIVEハウスなどで、
「僕も昔はギター弾いたり唄ったりしていたんだよ」
などと言いながら連夜飲み歩いていた原田K介が、ある時ハタと、
『“昔やっていた”という言葉には何の説得力も無い』
という真理に気付き、2006年に突如リハビリを開始。
同年末に居住地赤羽の店で約9年振りの復活LIVEを行い、
勢い付いてそのまま赤羽を中心に活動を継続、(〜長くなるので中略〜)現在に至る。
復活に向けたリハビリ中から作詞・作曲も再開し、
『40代だから書ける、だから唄える』曲を模索しつつ、年間数曲ペースで新曲を発表。

2008年、仕事の関係で出会った男を自分のLIVEに誘い、
男はビビリながらクラプトンを弾いてみせた・・・ダサかった。
そのダサさ加減を、例えば『The Beatles』に対する『東京ビートルズ』の様に、
何とかキャッチーに表現したいのだが・・・!?
ギタリスト『赤羽エリック』の誕生であった。

その後、原田はソロ活動も増え始め、いつしか二人組だと『親指企画』、原田ソロだと『原田K介』を名乗ることとなった。

2011年9月、『親指企画』名義では実に17年振りの自主制作アルバム『Songs&Dogs』を発表。
復活後に書いた曲だけで構成された13曲入りのCDと、
かつての三人組時代のLIVE映像16曲を収録したDVDが2枚セットで1,000円!
『売れたら作る』式の完全家内制手工業にて時々増産中!

原田K介ブログ『wansukeの寝姿日記』
http://tsumujigadaira.blog64.fc2.com/

一見犬だらけの様でいて、毎回セルフLIVEレポートを掲載。


■高尾彩佳

高尾彩佳 ヴォーカル
福田隼人(ピアノ)*サポート
坂田善也(ギター)*サポート
鎌田崇己(パーカッション)*サポート

 1989年5月22日生まれのきりんが大好きな23才!シンガーソングライターを目指し、路上ライブや都内ライブハウスなどで活動中です!
  日本工学院八王子専門学校を卒業後、会社に就職し夢を追い続けながら仕事と両立していたのですがどうしても仕事の時間が増えてしまい、
  自分が今本気でやりたいことは音楽だと改めて感じ去年の10月に退社。
  シンガーソングライターを目指し、路上ライブや都内ライブハウスなどで活動中です!

*【HP/blog等のURL】http://profile.ameba.jp/kotochannaya/


■モンゴル松尾

モンゴル松尾 Piano, Vocal

StuffのRichard Teeに影響を受けてピアノを始める。
上京後ロックバンド「Lonely Hearts」を結成しライブ活動を開始、
イカ天や香港での音楽イベントにも出演。
解散後ピアノ&オルガン中心のソロプレイヤーとなり数多くのセッションやサポートに参加する一方で
音楽雑誌の執筆や音源制作にも関わる。
最近は元クリエイションの包国充氏率いる「Pao Session」、
ドブロ、ピアノ、ベースによる個性派トリオ「はなもんじゃ」、
「ソロ弾き語り」など様々なスタイルでの演奏活動を展開。
また、ピアノの敷居の高いイメージを打破すべく 気楽にピアノと戯れるためのレッスンも開始した。
基本的にはロック大好き。ビートルズ、レオン・ラッセル、清志郎、、、

著書:
「これで完璧 ピアノの基礎」(リットー・ミュージック)
「これで完璧 シンセサイザーの基礎」(リットー・ミュージック)

ピアノ・アレンジ本:
「宇多田ヒカル/First Love」(リットー・ミュージック)
「サラ・ブライトマン/ラ・ルーナ」(シンコー・ミュージック) etc

主なサポート:
・ジョン・レノン・スーパーライブ(第3回〜5回)
・ノーキー・エドワーズ・ソロライブ
・ドナルド・ダックダン・トリビュートライブ etc

ホームページURL:http://www.mongor.info


[戻る]