2012年6月11日

20120611.jpg ●●One Acoustic Night vol.18●●


     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30

【ライブ・レポート】

 今夜は恒例の“One Acoustic Night”、ウェルカムバック自身が企画するオリジナルを歌うアーティストのためのイベントです。オーディションを無事通過した3組のアーティストが出演してくれました。

■こーちゆい
 彼女はピアノを弾き語る美貌のシンガー・ソングライター。本格的なピアニストでもあります。でも同じカテゴリーの女性の中ではかなり異質。アコースティックな音楽世界とはいえ、飛び跳ねてるみたいなメロディー・ラインがアヴァンギャルドです。細かく譜割りをしたかのようなビートが先鋭的。リズムを追い廻すかのような前のめりのグルーヴが個性的。新人とは思えない独自の世界を既に築き上げているアーティストです。
光の隣


■白倉ゆき with 延原祐
 続いて登場の白倉さん、実はベースの延原さんのお弟子さん。これってお墨付きってことですよねぇ。彼女はある意味先ほどのこーちさんとは真逆の位置にいるシンガーソングライターです。こーちさんがレディーガガだとすれば、白倉さんは竹内まりやタイプ。構成のしっかりした可愛らしい楽曲、どこか懐かしさを感じさせる爽やかなメロディー。親しみやすさに満ちた彼女の音楽世界は魅力がいっぱいです。
シロツメクサ

■良雨
 美女、美女ときて今夜の最後はとうとう野獣が登場しました。「りょうう」さんはギター弾き語りのシンガーソングライター。MCでは“遅れてきたフォークシンガー”と言ってましたが言いえて妙。イガイガした声で歌いだした途端、ウェルカムバックは新宿西口地下広場と化してしまいました。歌のほうは反戦ゲリラってわけではないけれど、ネオンの海を漂う中年男の後姿が見えてくるようで思わずグッと来てしまいました。
夢を見る間も


今夜のレポートは たかはし がお届けしました。 
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Mika

----------------------------------------

■こーちゆい
ボーカル キーボード こーちゆい
ベース 大石 彬
パーカッション 並木さき
ギター 丹部一志

生まれも育ちも山口県。海と山に囲まれがらピアノを叩いたり音を出して遊びながら育つ。 6歳からクラシックピアノを習い始めるが、譜面を読 むことや練習を極端に嫌い先生を困らせる。 その頃から、好き勝手に弾いたり作曲することが自分 にとって一番の表現方法となり、事あるごとに向かうようになる。現在『表現者』として枠にとら われない活動をしている。
2010年より東京ブラススタイルや アニメ「バッカーノ」のオープニング音楽を担当したParadis Lunchでキーボディストをしている。
*【HP/blog等のURL】http://www.music-scene.jp/i-am-jobii/

■白倉ゆき with 延原祐
白倉ゆき・・・Vocal,Piano
延原 祐・・・Bass,Piano

白倉ゆき
幼少の頃からピアノを習い始め、次第に曲作りに興味を持つ。
高校卒業後、音楽専門学校に入学。在学中、作曲等を学ぶ。
2007年9月からオリジナル曲のピアノ弾き語りでライブ活動を開始。
http://blog.livedoor.jp/shiro_hanakanmuri/

延原 祐
尚美学園で教鞭をとる傍ら、方々のアーティストのサポートなどでも活躍するキーボーディスト延原祐。

■良雨

 「遅れてきたシンガ−ソングライタ−」良雨です。
 '70年代に青春時代を過ごした人も、'70年代にはまだ生まれていなかった人も何故か懐かしくなる歌、それが良  
 雨の音楽です。キ−ワ−ドは「シブい!」。是非一度ライブに足をお運び下さい。
 http://music.geocities.jp/sumiyaki_q/


[戻る]