2012年5月26日

20120526.jpg 〜〜Welcomeback presents〜〜
●●第77回 ビートルズ大会●●


     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00

【ライブ・レポート】
 ウェルカムバック1の人気イベント「ビートルズ大会!」今夜のスペシャルゲストは、実は昨夜も演奏してくれたばかり。“OVER FLOW”が凄かったですよ。

●NW8は馴染みのない名前ですが元Knowizといえば気がつく人も多いかも。というのもみなさんアマチュアとは言えベテランばっかり。SAVILROWSやPOPGEARなど、他のバンドでも暴れてる人たちです。今夜はビートルズのデビュー前、ハンブルグ時代の曲を中心に貫禄のステージを披露してくれました。
bestplay/I don't spoil to the party

●Northern Tokyo Songs Ltd
本人たちはひた隠しに隠しているけれどばらしちゃいます。彼らは某大病院のほんとうに偉い先生を中心とした職員バンド。病院名はナイショです。これだけビートルズ・バンドが集まると曲がかぶらないようにするのが大変のはず。でも彼らは毎回レアな曲を持ってきてくれます。今夜のキモは〜でしたね。
bestplay/Dr. Robert

●Bugrox
「ばぐろっくす」は初出場のユニット、ギターを弾き語るちょいわるオヤジのデュオです。今夜はカホーンをサポートに迎え、かなり本気のプレイを聞かせてくれました。後期の曲を取り上げているのだけれど、どれも見事にソウルフルなバラードに仕上がっています。二人のハーモニーもきちんと計算されていて、オリジナリティを感じさせるとても心地良いステージでした。
bestplay/Mean Mr Mustard

●OVER FLOW ※SPECIAL GUEST
いよいよスペシャルゲストの登場です。実は「お〜ば〜ふろ〜」は昨夜もワンマンのステージに出演してくれたばかり。連日連夜ありがとうございます。彼らはDr,Kb,Baという変則トリオ。最少の編成ですがマッチョな黒田さんの繰り出すパワフルなドラミングは、うちでも一二を争う存在です。テクニカルなくせに歌心いっぱいのKbせんべいさんとの相性もぴったり。今夜はベース前沢さんのヴォーカルなんていう隠し玉まで飛び出す始末。完全にやられてしまいました。
bestplay/A hard days night

●JAM
「じゃむ」もベテランのグループです。カバー・バンドというよりは完コピバンドといったほうが正確にイメージを伝えられそう。5人目のメンバーとしてキーボードをフィーチュアしているだけあって、後期の曲に冴えを見せていたように思います。王道を行くダイナミックな演奏を聴かせてくれました。“Flying”を生で聞いたのなんか初めて!かっこよかったですぅ。
bestplay/Flying〜Magical mystery tour

●プラスティックソウル
今夜の出演者の中でここだけバンド名がカタカナ表記です。でも面白いことにMCが全部英語なんですよねぇ。交通事故のため戦線離脱中のバンマス佐藤さんが見守る中、堂々たるステージングでした。

●These Boys
このバンド名はきっと“This boy”からいただいたんでしょうね、初期の名曲です。こだわりやコンセプトの伝わってくるネーミングです。取り上げる曲も初期のバラードが中心。ビートルズの解散直後だったと思いますが日本編集で「Love Songs」というアルバムがリリースされました。ステージはそれを聞き返しているような、懐かしく優しいラブソングの数々。心に染みました。
bestplay/I'm a looser


今夜のレポートは たかはし がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by MIKA

----------------------------------------

日本各地で、いやいや世界各地で色々な形のビートルズ大会が開かれています。
完コピ(完全コピー)バンドを中心としたビートルズ大会が多いようですが、
ウェルカムバックのビートルズ大会はちょっと違います。
完コピバンドから大胆カバーバンドまで、直球〜変化球なんでもあり!
アトホームなイベントなんです。
小学生はもちろん幼稚園児だって出演します。
平均年令60才超のチョイワルおやじバンドもいれば、
妙齢の女のこバンドもいたりしていつも顔ぶれは万華鏡のようなにぎやかさ。
弾き語りの人もいれば大編成のゴスペルグループだってビートルズをやっちゃうんです。
完コピバンドあり〜の驚天動地の変化球バンドあり〜のと、
おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさ。

毎回登場するスペシャルゲストの豪華な顔ぶれや、
意外性に富んだ素晴らしい演奏も見所の一つです。
入れ替えはありませんから最初から最後まで、
ウェルカムバックのビートルズ大会をどうぞゆっくりお楽しみ下さい。

*出演者は毎回変わります、本日の出演者については下記をご覧下さい。
*今回の出演者の募集は終了しています。




スペシャルゲスト/OVER FLOW

黒田 喜之 Drums 
伊藤せんべい  Keyboard
前澤 卓 Bass, Vocal

ドラムスの黒田 喜之を中心に集まったJazz バンド。
スタイルやジャンルにこだわらずに、心地良く、楽しく、熱く、美しく奏でる事を常に目指す音楽的強欲グループ。
なんといっても「OVER FLOW」の魅力はそのアレンジへこだわり。
キーボディストせんべいさんの美しく繊細なタッチには惹きこまれてしまうし、前澤さんの拘り抜かれたベースのフレーズとエフェクトを駆使したサウンドも印象的。
楽曲ひとつひとつの良さを残しつつもガラっと変えてしまいます。
そして黒田さんのがっちりとした体系からも見えるように、熱いドラムソロ、ドラミングには目が離せません。
本当トリオとは思えないほどの華やかさには驚きです!




【出演BAND】

■NW8

ジョン・グレコ (Vocal.Guiter)
グレッチ・ハリスン (Vocal.Guiter)
ポール・ヘフナー (Vocal.Bass)
ラディック・スター(Vo.Drum)

Knowiz改めNW8です。よろしくお願いします。


■Northern Tokyo Songs Ltd

Lefty John/Guitar, Vocal
Holly Chang/Bass, Vocal
Aockey/Guitar, Vocal
Kommy/Drums
Urican/Keyboards

東京の城北地区(豊島、練馬、板橋区あたり=Northern Tokyo)で活動している
Northern Tokyo Songs Limitedという、ビートルズのレアもの追求型のバンドで
す。今回の平均年齢はだいたい、48歳くらいです(若いメンバーが1人入るだけで
平均年齢は大きく下がります。)。前回はunpluggedというコンセプトで出させて
いただきました。気がつくとアコギは弦が太いので、練習を重ねるにつれて指が
ボロボロになっていました。今回はその古きずが癒えないこともあるので、中期
〜後期を中心にpluggedで頑張ります。よろしくお願いします。


■Bugrox

ポール・マカトフ Guitar, Vocal
チャン・レノン Guitar, Vocal
論語スター Percussion

ロシアの血を引くのポール・マカトフと香港を活動拠点とするチャン・レノンによる「Bugrocks」はBeatlesをこよなく愛する>インターナショナルなギターデュオです。Perfectな英語とBrilliantなコーラスワークでThrill&Spillなステージをお届けします。
・ポール・マカトフBeatles歴38年、Let it be を聞いた頃、まだBaetlesは解散前の羨ましい時代。
・チャン・レノン、「あのねのね」に衝撃を受けギターを始める。最初に聞いたBeatlesは「Octpus Garden」であったため何の衝撃も受けず疑問が残った。


■Jam

noppy(ノッピー) Guitar, Vocal
ぐれっち Guitar, Vocal
ペギー Bass, Vocal
atta(アッタ) Keyboard, Chorus
コッヒー Drums

 Betlesが現在活動をしていたら、どんな演奏をするかをコンセプトに、
 ライブを都内中心に行っています。
 初期・中期・後期・解散後関係なく選曲演奏します。


■プラスティックソウル

ほふな〜 Bass, Vocal
ヒロシ Guitar, Vocal
かもちゃん Guitar, Vocal
らりあん Keyboard
アズミン Drum, Vocal

「プラスティックソウル」は、バンマスが故障のため
ポール役で有名な 「ポッツさん」 を代理にお願いして参加します
本来なら、バンマスが故障なので
出場辞退するところですが
ジョージ役の ヒロシさんが
来月より オランダ勤務となりますので、
この日をもって 「プラスティックソウル」と・・・
そして、日本のビートルズ界とも お別れとなります
(もう日本勤務になることは、ないでしょうとのこと)
ですから、無理しても参加させていただくことにしました


■These Boys

ジョージもり (ギター) 
ジョン くろ  (ギター)
ポール にし  (ベース)
リンゴ とし (ドラム)

2011年5月新規結成の平均年齢50歳代の
おやじビートルズコピーバンドです。
昨年の6月18日(ポール・マッカートの誕生日です)
にこのメンバーで初めてセッションしましたので
まもなく結成1年になります。
昨年12月の第72回ビートルズ大会にも
出させていただました。
よろしくお願いします。


[戻る]