2012年4月25日

20120425.jpg ●●ROCK NIGHT●●


     music charge \3,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30

【ライブ・レポート】

 今夜の出演は大和邦久さん、「SILLY GIRL」や「I'M IN LOVE」で一世を風靡したTHE BECAUZの大和さんです。今もまったく変わらぬあの伸びやかな声で歌いまくり。店内を埋め尽くした昔からのコアなファンを魅了しました。
 彼を支えるミュージシャンがまた豪華。角松敏生、小田和正、徳永英明らのレコーディングには欠かせぬ人たちばかりなんです。ギターもコーラスも二人づつ配した厚いサウンドで、極上のアンサンブルを聞かせてくれました。ぐいぐい引っ張っていくベース。スライドで曲の別の表情を引き出していたギター。キラキラ光りながら滝のように流れ落ちるキーボード。まろやかにハーモニーを描き出していたコーラス。すべてのパートが大和さんのヴォーカルにぴたりと寄り添っていきます。素晴らしいステージでした。
 それにしても彼の音域の広さと輪郭のはっきりした声の美しさは特筆もの。Journeyも彼に白羽の矢を立てればよかったのにね。

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
I'm in love
Love affair
みじかい夏にKissをして
ハイウェイの上の夏
Baby come back
スローモーション
すべてをあなたに・・・
別れの言葉
Ever green

¶ 第二部
Welcome to Summer〜2度目の夏〜
bestplay/Save You For Mercy
Ribbon In The Sky
Boogie-Woogie High-Heel
Africa〜99〜Georgy Porgy
5分前の二人
欲望の仮面
笑顔で答えて...

¶ アンコール
Ladu Sugar Night

今夜のレポートは たかはし がお届けしました。 
*bestplay recorded by shimura(YAMATO BAND)
*photo by ASA

----------------------------------------


■大和邦久 & YAMATO BAND
〜Birthday Live Lev.3〜

大和邦久 Vocal
(YAMATO BAND)
GAAA Drum
鈴木英俊 Guitar
日高恵一 Guitar
斉藤昌人 Bass
北村仁志 Keyboard
中村順一 Percussion
藤名美穂 Chorus
遠藤由美 Chorus


【大和邦久/Vo】
「シャイニン・オン〜君が哀しい」を大ヒットさせていたLOOK
'89, ボーカルの鈴木トオルが脱退。
その後のメンバーと意気投合、L3C(Look Lonesome Lane Club)結成。
「さよならは冬の星座」でデビュー。
'91,キーボードの山本はるきち脱退後、千沢仁・CHEEP広石と共にTHE BECAUZを結成 
当時の音楽シーンで高い評価を受けた。
'92,1stシングル「SILLY GIRL」発表。
'93,サックスのCHEEP広石脱退、千沢とデュオとして活動。
'94,3rdアルバム「I'M IN LOVE」発表を最後に新しい音楽を追及するため、解散。
'97,YAMATOとしてのソロ第1弾、「Field of dreams」発表。
翌年、大和邦久として2ndシングル「Leave me alone」発表。
同時に、ソングライターとしてアーティストに楽曲を提供、プロデューサーとしても活動中。
大和邦久Website:http://www.kunihisayamato.com/
MobileSite:http://www.kunihisayamato.com/mobile.html


[戻る]