2012年3月12日

20120312.jpg ●●One Acoustic Night vol.15●●


     music charge \2,000
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30

【ライブ・レポート】

 今夜のステージはウェルカムバックが独自に企画するイベント“One Acoustic Night”です。優れたオリジナルを中心にアコースティックな活動を続ける3組のアーティストが出演してくれました。

■JAGAJAGA
 「じゃがじゃが」さんはキンシャサ(コンゴ)からやってきたシンガーソングライター。パーカッションを操りながら自作の曲を歌います。もちろん本場モノのアフリカン。米英の音楽を聴き続けてきた耳には、第3世界のそれはまったく新鮮に響きます。観念的なサリフケイタやユッスーンドゥールとは違い、あくまでもどこまでもダンサンブルなサウンド。日本のミュージシャンと融合しながら、全てのロックの原点ともいえる独自の音楽世界を披露してくれました。
KUMI


■谷岡ヨシヒコ
 かき鳴らすストロークが印象的なシンガーソングライター。初期のボブ・ディランをもっと速くもっと尖がらせたサウンドが彼の楽曲を個性的なものにしています。伊豆大島出身って聞くとアンコ椿とか、のどかな風景を思い起こします。でも彼の音楽の背景にあるのはそっちではなく、溶岩を吹き上げる三原山のほう。そんな気がしました。力強いギターのカッティング、まるで咆哮するかのような唄いまわし。たった一人とは思えない強烈な弾き語りでした。
ソライロ


■岩下直人
 続いて登場したのもギターの弾き語りです。岩下さんはハーモニーをとても大事にするヴォーカリスト。ポップでキャッチーなメロディーがきらりと光る、優れたコンポーザーでもあります。サビには必ずコーラスを配し盛り上げていくあたり、なかなか良いセンスをしています。今夜は二人の友達が彼をサポートしました。勘所には必ず入ってくるコーラスがいい味を出しています。岩下さんの柔らかく輪郭のハッキリした声が、メロディーの優しさを一層引き立てていたと思います。
メッセージ


----------------------------------------

■谷岡ヨシヒコ
Bio: 伊豆大島出身のソングライター。
2008年初夏バンド活動 に疲れ弾き語りをしようと思い、原宿JETROBOTにて弾 き語りLIVE活動開始。
以降半年で26本原宿JETROBOT に出演しその年の最多出演となる。 時を同じく2008年 秋頃、
紹介で高円寺CLUBLINERに出演し、店長で現役 ミュージシャンあるチバタケヒサ
(テルスター/ザ・ガー ルハント/スケルトンズ)に伊豆大島出身であることと曲 を評価してもらい、
バンドをやろうと誘いを受け「タ ニーズ」を結成。
以降毎月1本高円寺CLUBLINERで LIVE活動開始。
2009年夏に自主レーベル「スタミナ食 堂」を立ち上げ、コンピレーションアルバムを2ヶ月 ペースで発売中!
主に弾き語りは原宿JETROBOT、バン ドは高円寺CLUBLINERで活動中。 ..

Blog :http://blog.livedoor.jp/deathcab/
Tiwtter :http:// twitter.com/
taniokayoshi
Myspeace :http://www.myspace.com/taneeys
facebook :http:// ja-jp.facebook.com/yoshihikosan


■jagajaga
こんにちは!JAGAJAGAです、アフリカの今後からきました。コンゴともよろしくお願いします!JAGA特製のオリジナル曲をリンガラ語で歌います。 ラテン、ルンバ、スクス、フォルクローレ、レゲエetc、、、
陽気に踊って歌ってみんなで楽しみましょう!!


■岩下直人
宮崎出身、川南町観光大使。(宮崎県) 記録よりも記憶に残るアーティストを目指し、数多くのメディアでも取り上げられているシンガーソングライター。

主な経歴
relaxingroove『Sunset Lovers』
(2008/8/20発売 タワーレコード、ヴィレッジバンガードで販売中
Tr 2.3.4.7.9.11 にVoで参加)
テレビ東京系『いい旅・夢気分』エンディングテーマ
(「限りある中で」2009/4-6、「君なら…」20101-3)
岩下直人『限りある中で』
(20095/25発売 タワーレコード、HMV、新星堂にて販売中)
、『限りある中で』、『ずっとそばにいて』、『キミトモ』、『君なら…』はオリコンスタイルのみで絶賛配信中。

http://ameblo.jp/naoto-iwashita/


[戻る]