2011年7月11日

20110711.jpg ●●One Acoustic Night vol.7●●


     music charge \1,500
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30


【ライブ・レポート】

 今日は「One Acoustic Night」、ウェルカムバックが主体的に企画しお送りするイベントです。その心は 良い音楽・心に染みる音楽をここウェルカムバックから発信したい。その想いに尽きます。それだけにこのステージに立つミュージシャンは厳選されたアーティストばかり。今夜は3組のアーティストが登場しました。

■R in Moon
 「あ〜るいんむ〜ん」はシンガーソングライター高橋涼子さんのアーティスト名。様々な音楽活動を続ける彼女ですが、ソロの際に使う名義それが“R in Moon”です。
 吐息のようにはかなげな歌声、曲間ごとに心のうちを素直に語りかける言葉の数々。彼女のステージの魅力はこの2つに集約されます。彼女のオリジナルで描かれるのは「愛」 それも男女の愛というよりはむしろ、隣人愛や人間愛などもっと深いところへ根ざした愛を感じさせます。

∬今夜の演奏曲目
上を向いて歩こう
一人歩き
Summer Love
途中で諦めちゃダメなんだ
二人で
夢ガム
ありがとう
bestplay/この空で

■アカラ
 「アカラ」は二人の胡弓奏者による男女のデュオ。彼女は胡弓だけでなく歌も唄います。楽器が楽器なだけに中国に根ざした音楽かとイメージしていました。ところが冒頭、客席の真ん中で彼女がイスラミックな旋律を歌いだしたのにはびっくり。そしてジミヘンへが登場するに及んで驚きは絶頂です。ツールとして中国の楽器を使っていますが表現しようとするところは紛れもなく世界。面白いユニットが登場したものです。

∬今夜の演奏曲目
ちゃってメンコ
リトル・ウィング
おっさんウォーキン
ブッタかたん
こもれび
馬メドレー
見上げてごらん夜空の星を
bestplay/ムダイ

■落合みつを
 東京都のヘヴン・アーティストって知ってますか?東京駅や上野公園などで自由に演奏できる資格を持ってる人のことです。落合さんは都知事の石原慎太郎から直々にライセンスをもらった最初のミュージシャン。この一事でも実力のほどがわかろうというものです。実際その存在感に溢れた力強い声には半端じゃないオーラがあります。ギターをかき鳴らし叫ぶように唄う、そのリアルな感情はそのまま我々の胸に飛び込んできます。彼もまた絶対「化けるアーティスト」だと確信しました。

∬今夜の演奏曲目
明日へ紡ぐ君の歌
期限切れの一日
bestplay/去年のガソリン
東京タワー
沈黙
不純なくちびると僕のキライな紅い月
この丘を越えたら
大地の唄

今夜のレポートは たかはし がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by Komatsu

ウェルカムバックの企画イベント「One Acoustic Night」は、
オリジナル楽曲・もしくはオリジナリティのあるカヴァーに力を入れたアコースティック・アーティストをブッキング!


■R in Moon
高橋涼子 Vocal, Piano

R in Moonとは、Singer&Songwriter 高橋涼子のミュージックプロジェクト。
「人生のメッセージ」をテーマに、暖かみのあるオリジナル曲をピアノ弾き語りで
お届けしている。お客さんを巻き込んで展開するMCも、お楽しみに・・・☆ 
HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=itumo_music_2006

■アカラ
二胡:こたにじゅん
歌・二胡:中川えりか
(共演)
ギター:ANDY
津軽三味線:高橋尚見

流行にも伝統にも縛られない、オルタナティブな世界を繰り広げる二胡と歌のユニット「アカラ」。オリジナル曲を中心に、民族音楽、ポップス、ロック、シャンソン、フォーク、童謡、歌謡曲など、ジャンルを超えた楽曲を独創的なアレンジで表現。こたにが奏でるダイナミックかつ繊細な旋律と、えりかの圧倒的なまでに豊かな歌声、抒情的な詩は見事に共鳴しあい、魂を揺さぶる映像的な音楽世界を創出。
また、二胡の二重奏でコンサートを彩りながら、オリジナル曲では独自の世界観を深め創作、表現すること追求している。
一度聴いたら忘れられない、魂を揺さぶるような深く豊かな表現力には定評があり、
「より多くの人に自分たちの音楽を届けたい」という思いから、音楽ホールやライブハウス以外にも、カフェ、レストラン、ホテル、旅館、寺院、路上など、より身近な場所でも演奏活動を展開。

アカラH.P.
http://www.akara.jp/

◇CD:『雪の降る空』(こたにじゅん/2010年)
   『ムダイ』(アカラ/2009年)
   
◇TV出演:UTY「ニュースの星・春分の日胡弓コンサート」ほか
◇ラジオ出演:NHK甲府、FM FUJIほか
◇新聞掲載:埼玉新聞、山梨日日新聞
◇雑誌掲載:OZ magazine「私の生き方、私の仕事」

■落合みつを

落合みつを Guitar, Vocal

Smile Factoryの代表
新潟県出身のシンガーソングライター

※北島三郎音楽事務所出身の最後のポップスシンガー(現在は独立)

生きて行く中で誰もが抱える「葛藤や焦燥感」を「切なさと温かさ」へと見事に昇華させ、多種多様な作品を生み出し続ける「昭和の匂い」を漂わせた平成のシンガーソングライター
日本語の持つ繊細さと色彩豊かなメロディーが魅力。

経歴
2004年 もんた&ブラザーズの「ダンシング・オールナイト」と自身の「徒然」のダブルタイトルでメジャーデビュー
東京都知事「石原慎太郎」氏が発行したストリートライブ認定ライセンス「ヘブンアーティスト」の1回目の取得者
2009年1月「恋模様」がフジテレビ主催「HACHITAMA MUSIC NIHGT(はちたまミュージックナイト)」のマンスリーグランプリを受賞
2010年 世界初、国連とフジテレビが共同で行なった地球温暖化対策「LOVE THE EARTH PROJECT 21」に抜擢され、アーティストとして2曲参加。売上の一部は発展途上国にCO2削減の為に使われた。また、そのCD発売に伴い、全国ツアー「僕らと地球と、音楽と。」を敢行。大成功を収める

ライブスタイルは主にアコースティックギターを使った弾語り。
じっくりと歌い上げるバラードから、アコギ一本での激しいロックまで。
「大地の唄」に関しては楽器を一切使わず、ハンドクラップと歌だけで行なう等、ステージは見応え十分。


[戻る]