2011年3月21日

20110321.jpg ●●第63回 ビートルズ大会●●


     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00

【ライブ・レポート】

 今夜はウェルカムバック恒例イベント・ビートルズ大会。今回で63回目となりました。震災の影響によりバンド数は少なくなってしまいましたが、4バンドが熱い演奏で盛り上げてくれました!

■THE QuarryBEAT
 トップバッターは、かっこいい衣装にまず目がいってしまう「THE QuarryBEAT」。“とにかく楽しく”がモットーの通り、笑顔でみんな楽しそうにプレイする姿が素敵です。「この衣装は暑い!」とステージで愚痴ってたけど、演奏もアツかった!!
Baby It's You

■西蒲田ビートルズ
 このビートルズ大会常連となったバンド・その名も「西蒲田ビートルズ」。ドライヴ感溢れる軽快なサウンドに、客席からは自然と手拍子が湧き上がります♪ベースのよねっちさんは、左利きに転向してから若干1年とは思えないプレイ!驚きでした。
I'm happy just to dance with you

■Bric' A Brac
 続いて今回のスペシャルゲスト!ウェルカムバックのイチオシ「Bric' A Brac」。ドラマチックなアレンジで聴かせてくれたビートルズのカバーはいつもと一味も二味も違って感動モノでした。東日本大震災へのメッセージをこめたオリジナル曲も心にグッときました。
And I Love Her

■THE CHELSEA
 今夜のトリは、かわいらしい女の子4人グループ「THE CHELSEA」。。一気に平均年齢を下げてくれましたが、他の大人バンドも顔負けのバンドサウンド。キュートなコーラスがたまらないっ!女性版ビートルズも良いものですね!
I Feel Fine

今夜のレポートは こまつ がお届けしました。
*bestplay recorded by Kawaguchi Masahito
*photo by Komatsu

ご好評をいただいてるビートルズ大会、完コピバンドから大胆カバーバンドまで。
直球〜変化球なんでもありのイベントです。
あなたはビートルズをどう料理するのか?それを聞かせてください。
参加料はソロ、バンドを問わず1アーティストわずか¥5,000
もちろん何のノルマもありません
「参加料が安すぎるのでは?」というご意見もいただきましたが
一人でも一つでも多くのバンドに参加してもらうのには、やっぱこれが一番でしょ
詳細は左フレームの「ビートルズ大会」をクリックしてください。
只今タイムテーブルを作成中のため参加アーティスト枠をいくつにするかも検討中です。
ゲストを除き6バンドくらいになりそうです。
どうぞお早めにお申し込み下さい。


《お申込方法変更のお知らせ》
より多くのビートルズファンにご参加いただけますよう、従来の「先着順」を廃止させていただきました
出演ご希望の方は下記をクリック、定型フォームよりお申込下さい。
受付〆切り(第63回は12/30)です
期間中にお申込いただいたバンド数が6バンドを超えた場合
勝手ながら抽選とさせていただきます
お申込いただいたすべてのバンドには必ずご連絡いたします

*お申込はこちらをクリック


■お問い合わせ 担当者:企画広報/たかはし までお気軽にどうぞ。



スペシャルゲスト
Bric' A Brac ★地震に負けずやりますっ!!★

平田敏久 Vocal, Keyboard
達川和俊 Guitar, Chorus
大久保 輝幸 Bass, Chorus
谷純児 Drum

「ぶりっくあぶらっく」はエッジの立ったサウンド、でもキャッチーなメロディーが人気のグループです。
独断と偏見で言わせてもらえば、イギリスのオアシス、アメリカのマルーン5、国内の再結成ユニコーン。
フロントがギターかキーボードかの違いはあるけれど、そんな世界水準のグループに十分比肩し得る。
そんな個性を持ったオススメのバンドなんです。
とにかく曲が良いっ!
マーチのように勇壮なリフ、朝霧が広がるようなストリングスのイントロ。
リフでもAメロでもサビでも、これでもかってほどにポップなメロディーが鳴り響きます。
加えてみんなとにかく上手いんですよねぇ。
大団円に向かって全員で盛り上げていく曲の終盤部分なんか、ほんと一時も目が離せません。
特筆すべきなのは誰もがテクよりも、アンサンブルやハーモニーを優先しているってこと。
ギターとキーボードがテーマをユニゾれば、その隙間にベースのオカズが入ってくる。
タイトかつシンプルなドラムが全体をしっかり支えるものだから、バンマスの平田さんも実に気持ち良さげに歌ってます。
おすすめですっ!!


《出演バンド》

■THE QuarryBEAT ★地震に負けずやりますっ!!★

> ポッキー・清水 John Lennon
> Toshi Paul McCartney
> ユージ・ハリスン George Harrison
> ヤッシー・影山 Ringo Starr

みなさんに少しでもビートリーさを感じていただける演奏ができるように、
とにかく楽しくビートルズになります!
どうぞよろしくお願いいたします。


■NW8 ★地震の影響のためキャンセルとなりました★

> キム John Lennon
> タカ Paul McCartney
> マル George Harrison
> ツカ Ringo Starr

はじめまして、みなさん。NW8です。私たちは結成してからまだ4か月足らずの未熟な
バンドです。学生、サラリーマン、自営業、職業はそれぞれですが、ビートルズ好きは

誰にも負けない自信(?)があります。いまは、毎月、初期のナンバーを中心に、バンド
の音を固めているところでもあります。まだまだ発展途上のバンドですが、僕たちの
サウンドをぜひ聞いてください。


■西蒲田ビートルズ ★地震に負けずやりますっ!!★

> よねっち (ベース)
> みやっち (ギター)
> しまっち (ドラム)
> もりっち (ギター)

蒲田の西のはずれで結成されたビートルズ・エイジおやじバン
ドです。
2009年9月にロンドン・リバープールを訪れ、文化遺産に指定
された”あの横断歩道”を4人で歩いてきました。
昨年8月以来のWelcomeBackのステージでみんな張り切っていま
す。
ビートルズには”キャー”が似合いますね。ぜひこの”キャー
”でご声援ください。
西蒲田ビートルズHP:http://nishikamata.jimdo.com/


■THE CHELSEA ★地震に負けずやりますっ!!★

> もえっち as John
> ゆき as Paul
> しらこ as George
> おかりんご as Ringo

THE CHELSEAは、2007年6月にビートルズが大好きな女子4人組で結成したビートルズバンドです。
大好きだけど難しいビートルズの世界に4人で試行錯誤の日々ですが、明治製菓のロングセラー「チェルシー」のアメのように、私たち自身も、そして観てくださるお客さまも、楽しくうれしくほんわかハッピーになれるステージを目指しています。
「♪歌いたくなるような一日、みんなにも分けてあげたい」
もう一粒食べたくなってもらえるよう、頑張って演奏します!
http://blog.livedoor.jp/thechelsea/


■Fablybeats ★地震の影響のためキャンセルとなりました★


> ジョントーマ
> ポールヨシタケ
> ジョージオチ
> リンゴコガ

3年ぶりの出演で、緊張しています。メンバーチェンジを行い、新生『Fablybeats』の再出発です。
宜しくお願いします!
http://artmagic.jp/fablybeats/index.html


■Modern Probe ★地震の影響のためキャンセルとなりました★

Dai Vocal, Guitar
Ryo Vocal, Guitar
Co-Ringo☆ Percussion, Vocal

ビートルズも、ラトルズも、ビーチボーイズも、
XTCもトッド・ラングレンもスタカンも
ブリット・ポップでもアシッド・ジャズだって。
全部並列で耳にして育った世代で奏でるビートルズ。

ジョン役もポール役も居ないけど、
追いかけても届かないからこそ出来る愛情表現があるはず。
肩の力を抜いてがんばります。


[戻る]