2011年1月31日

20110131.jpg ●●ALTERNATIVE〜ORIGINAL NIGHT●●


     music charge \2,500
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30


【ライブ・レポート】

■ひろのすけラボ feat. ミヤコ教授
 今夜のライヴは佐藤ひろのすけさん・船山美也子さんによる、二人のピアニストのインストユニット「ひろのすけラボ feat. ミヤコ教授」。ラボ=研究室、という事で白衣姿で登場したお二人。ジャズをルーツとした彼らによるコラボレーション、まずは生ピアノとエレピのデュオからのスタート。高速のパッセージから始まり、インプロを交えながら展開してゆく様は鍵盤2台ならではの緊張感が走ります。二人の中での役割分担が明確で、お互い信頼し合っているのがわかる演奏です。
 ほかにもミヤコさんのバッキングで佐藤さんがピアニカを吹くバラードや、佐藤さんの叩いたドラムをその場でサンプリングしたものに合わせてピアノトリオのようにプレイするパフォーマンスなど、遊び心がいっぱい。
 お客さん達から挙げてもらった音名(ミ♭・ミ・ラ・ソ)で即興の曲を作ってしまうという佐藤さんのソロコーナー。当然、テーマも構成もその場で作っていくのですが、自由に駆け巡る美しいメロディは即興とは思えない見事なものでした。実は元々は「ファ」だったのを“1回のチェンジ権”で「ミ」にしちゃったのはココだけの話ですけどね!

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
presto
so far so good
ミヤソロ
before sunrise
sweets island

¶ 第二部
ヒロソロ
james
乙男ノート
セニョリータ

¶ アンコール
worlds end

今夜のレポートは こまつ がお届けしました。
*bestplay recorded by Ike Ueno
*photo by Komatsu

■ひろのすけラボ feat.ミヤコ教授

佐藤ひろのすけ Piano, Keyboard, Drum
船山美也子 Piano, Keyboard, pianica, electronicsa

pop pianist佐藤ひろのすけ と
jazz pianist船山美也子による実験的ライブ

「ピアニストだけで、なにが出来るのか?」

このテーマについて、
長年研究していたひろのすけが
ミヤコ教授に相談を持ちかけると

「悩むよりやれば?」

構想5年、決断5秒。
あっさり決まった研究室(ラボ)開催。

誰も知らない未知の研究室が
いまベールを脱ぐ。

歴史の立会人になるのは
今しかない!



[戻る]