2010年5月1日

20100501.jpg ●●One Acoustic Night●●

     music charge \1,500
     *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (本日に限りテーブルチャージ不要です)
     open 17:00
     start 17:20

【ライブ・レポート】

 ウェルカムバック初企画となる今夜のアコースティックイベント。第一弾となった今回は、個性豊かな総勢7アーティストが演奏してくれました。
■良雨
 トップバッターはシンガーソングライターでもあり、漫画家でもある「りょう」さん。どこか懐かしく胸がきゅっとなる切ない詩を詩ってくださいました。プロフィールにもあるとおり、「シブい!」という言葉がぴったりなサウンド。実は漫画家さんでもあるようで、今夜持って来てくださいました。可愛らしくあたたかい画風。音楽とアートの2足のわらじ、その多才さには驚きです!
bestplay/今はどの辺り

■楽の音
 2組目はこのイベント唯一のイントュルメンタルユニット「がくのね」の登場です。彼らは平日プロデイの常連出演者でもあります。ギターとピアノのシンプルなユニットですが、ずっしりと重なった彼らの独創的な音の世界に、毎回引き込まれてしまいます。今回はエレキはなしで、ピアノとアコギのみのシンプルな編成で聴かせてくれました。
bestplay/ピエロ

■加藤タケシ
 加藤タケシさんのステージは彼の人生観たっぷりのステージ。甘い恋であったり、失敗であったり、モノであったり。身近にあるもの、目に浮かぶような風景・・・例えばラジオや電話ボックスにまつわる思い出をサラっとブルースにのせて歌い上げてくれます。彼の歌声もかなり個性派。そしてドライブ感のあるサウンドはクセになります!
bestplay/真夜中のGoor Morning

■竹宮30年
 今夜はひと味違う!プロデイお馴染みの超絶技巧ピアニスト・ギタリストの宮川さんと、歌うお総菜屋さん2代目・竹田さんのユニット「竹宮30年」。怪しげな衣を身にまとい登場してくださいました。そして何故かイタリア歌曲っ。しかもすごくぽかったです!うますぎる(笑)オリジナル曲は可愛らしくポップでキャッチー。MCでも会場を沸かせてくださいました♪
bestplay/トレイン

●鬼瓦楽団
 「おにがわらがくだん」はアコースティックという括りでは少々はみ出るかもしれません。アコギ&ヴォーカルにシンセパッドをフィーチュアした二人組み、実の兄弟のデュオです。兄の太く力強いヴォーカルに弟のシンセのパーカスが絡んでくるという寸法です。エレクトリックでも出てくる音は完全な和太鼓。夏祭りそのままのお囃子でロックに寄り添う彼らのスタイルは実にユニーク。デジャヴに満ちたサウンドが素敵です!
bestplay/家族の市場

★二宮絵里子
 二宮さんは今夜が出演三度目となるピアノ弾き語りスタイルのシンガーソングライター。今日の出演者の中では“正統派”系のアーティストといってもよいでしょう。日常生活に軸をおいた親しみのある歌詞、そして伸びのあるファルセットが特徴の美しい歌声が印象的です。彼女はソロライヴ活動をするようになってまだ2年くらいなんですって。それまでは長いブランクがあったんだとか。そんな事を感じさせない演奏、素晴らしかったです!
bestplay/サクラ咲ク

●THE KING BEATS
 今夜の大トリ「きんぐび〜つ」の登場です。このグループはなんと言ってもヴォーカルASAKAさんの存在が大きいっ!ブルースに目覚めてしまったシンディー・ローパーって感じで、自由気ままにシャウトしハミングして歌うんです。彼女を支えるのがギターのKINGさん。十字路で悪魔に魂を売り渡してしまったかのような、もの凄いボトルネック!ギターがボディーごと震えていました。
bestplay/憂火


■のレポートは ASA が
★のレポートは こまつ が
●のレポートは たかはし がお届けしました。 
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by

----------------------------------------

■One Acoustic Night
 ウェルカムバック初企画!アコースティックナイト☆
土日祭日のアマチュアデイとは違ったアコースティックミュージシャンのみの出演となります。POPS・JAZZ・BLUES・・・
心に響くサウンドをぜひぜひ多くのお客様に届けていただきたい!
基本的にジャンル制限はありませんが、オリジナル楽曲に力を入れているアーティストさんを集めた注目イベント!!

17:20〜
■良雨
良雨 Gt,Hp

遅れてきたシンガ−ソングライタ−」良雨。
70年代に青春時代を過ごした人も、70年代にはまだ生まれていなかった人も何故か懐かしくなる歌、
それが良雨の音楽です。キ−ワ−ドは「シブい!」。
http://music.geocities.jp/sumiyaki_q/

18:00〜
■楽の音
川島 洋(A・ギター/E・ギター)
杉浦弘美(ピアノ/キーボード)

ロック・ギタリスト川島洋とクラシック・ピアニスト杉浦弘美による、
プロデイお馴染みギター&ピアノのインストデュオ。
民族音楽、ロック、クラシック、現代音楽等の要素を取り入れた独創的な世界は、どこか異国の地へと誘ってくれるよう。必聴です。
http://www012.upp.so-net.ne.jp/GAKUNO-NE/
サンプル音源/

18:40〜
■加藤タケシ
加藤タケシ(Vo,Gt)

男の甘くほろ苦い人生や恋愛模様をブルースにのせてギター1本で歌いあげる加藤さん。
歌のメロディもギターのフレージングもカッコよさのツボを押えたクールなものばかり。加藤さん独特の、癖になりそうな絶妙な歌いまわしは正にオリジナル溢れるものです。グラスを傾けながら聴いてもらいたい、そんなアーティスト!
サンプル音源/せめて今日は Merry Christmas

19:20〜
■竹宮30年
竹田克也(Vo Programs)
宮川直巳(Pf Gt)

プロデイ「宮川直巳×Accident」の超絶技巧ピアニスト、そして「ITANI」のハードロックギタリストとしてお馴染みのミュージシャン「宮川直巳」と、歌って作曲できる総菜屋「竹田克也」のユニット。
芳醇な30年物の新酒、この二人醸し出す香りはそんじょそこらのモンじゃありません!
サンプル音源/流域

20:00〜
■鬼瓦楽団
兄 俊介(ボーカル&ギター)
弟 亮介(パーカッションなど)

メロウなアコースティックサウンドと電子和太鼓の融合した超異次元ポップス!
プロデイに出演の「Lemon Drop」の重鎮であるベーシスト、阿部亮介さんの電子和太鼓と、実の兄であるギターヴォーカルの俊介のさんが創り出す“摩訶不思議”な世界をどうぞご堪能ください。
サンプル音源/挿絵の森

20:40〜
■二宮絵里子
二宮絵里子(Vo,Pf)

ピアノ弾き語りのシンガーソングライター・二宮絵里子さん。透き通ったみずみずしい歌声と、何気ない日常に軸足を置いた普段着のオリジナル楽曲は彼女独自のもの。
弾き語りのアーティストはたくさんいますが、その中でも期待度の高い女性アーティストの登場です。
サンプル音源/

21:20〜
■THE KING BEATS
ASAKA (Vo.)
KING (アコギ)
HISA (ドラム)
ブルースやソウル、フォークなど様々な要素を持ち併せた異彩な世界観が聴き手を釘付けにしてしまう個性的なユニット!
特にヴォーカルのASAKAさんは申し分ない声量・表現力の持ち主で圧倒的な存在感を放ちます。
サンプル音源/long long a now


[戻る]