2009年11月23日

20091123.jpg ●●第51回 ビートルズ大会●●


     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00

【ライブ・レポート】

■第51回 ビートルズ大会
今年最後のビートルズ大会!今夜もとっても盛り上がりました。

■タッチビート
今回のビートルズ大会一発目は「タッチビート」の皆さん。全員がコーラスをとるスタイル。女ポール役のPaulko(ステージネーム・・・笑)さんの男前なプレイもよかったし、控えめだけど存在感のあるコーラスが効果的に曲を彩っていました。ビートルズの元気なアップテンポの曲中心に楽しく演奏してくれました!

In My Life

■The Abbey Notes
全員ラフなスーツ姿でキメた「アビーノーツ」。中後期の曲を中心にクールで大人なビートルズを演奏してくれました。平均年齢35歳ということで、ビートルズ大会の中では若手のバンド。ライヴのあとのインタビューではWelcome Back店長とビートルズのリマスター盤についてトークが盛り上がったりしました♪

Think For Yourself

■The Tenants
数日前にキャンセル枠が入ったところに急遽ご出演してくださった「テナンツ」。ビートルズ大会の人気がわかりますね。(来年2月の出演枠も、募集をかけて2,3日たらずで決まっちゃったんですよ)
エレキギター、ベース、アコギのドラムレスというアコースティックサウンドも聴かせてくれました。しっとりとしたビートルズもまたいいですね!

I'll follow the sun

■GLOVE LOVE
お待ちかね、今回のビートルズ大会スペシャルゲスト、「グローヴ・ラヴ」。関東大会優勝の実績を誇る実力派完全コピーバンドです。ビートルズの曲って、簡単そうにきこえるっちゃきこえると思うんですが、やっぱり当然難しい訳ですよ。そんな曲を、ビートルズにむける愛情とテクニックで演奏してくれました!演奏中、ギターの弦が切れてしまうほどのアツいステージでした・・!

And You Bird Can Sing

■The Turkey
完全コピーではなくカバーする精神で活動する「ターキー」。ロックより、ソウル魂を感じたバンドでした。ギターヴォーカルのシンゴさんに、女性コーラスのナンシーさんのハモりが美しかった!特にナンシーさんがメインをとった『ハロー・グッバイ』は終盤に複雑なコーラスワークを盛り込んでいてぞくっとしちゃいました!

Happiness is A Warm Gun

■S.Y.H
ヴォイストレーニングを主体とした音楽スクール「Shiny Music」の校長先生である、ベースヴォーカルの斉藤さん率いるバンド、「SYH」。さすがプロというだけあって、ギターソロになるときの疾走感は半端ないですよ!同じビートルズの演奏でも1曲目から迫力というか、インパクトのあるサウンドが印象的でした。

Back in the USSR

■Venus&Mars Mens+おすぎちゃん
最後はちょっと名前がなが〜いこのバンド・・・過去に「Liverpool Boys」で何度もご出演いただいているベースヴォーカルのkakutさんのリーダーバンド。大トリにふさわしい、ダイナミックな演奏が本当に気持ちよかったです。完全に自分の歌にして歌いまくるkakutさん、そして特に注目だったのはサウスポードラマーのリンゴりん☆ケンさんの豪快なドラミング。踊らずにいられないビートをつくりだしていた正体はこのお方でした!

Got To Get You Into My Life
今夜のレポートは こまつ がお届けしました。
*bestplay recorded by Jose Ariumi
*photo by comutts

----------------------------------------
ご好評をいただいてるビートルズ大会、完コピバンドから大胆カバーバンドまで。
直球〜変化球なんでもありのイベントです。
あなたはビートルズをどう料理するのか?それを聞かせてください。
参加料はソロ、バンドを問わず1アーティストわずか¥5,000
もちろん何のノルマもありません
「参加料が安すぎるのでは?」というご意見もいただきましたが
一人でも一つでも多くのバンドに参加してもらうのには、やっぱこれが一番でしょ
詳細は左フレームの「ビートルズ大会」をクリックしてください。
只今タイムテーブルを作成中のため参加アーティスト枠をいくつにするかも検討中です。
ゲストを除き6バンドくらいになりそうです。
どうぞお早めにお申し込み下さい。


■お問い合わせ 担当者:企画広報/たかはし までお気軽にどうぞ。


2009/6/16 お申込締め切りました

★★スペシャル・ゲスト★★
GLOVE LOVE

ジョン/森 雄三
ジョージ/田中良彦
ポール/金子実
リンゴ/船津康次
ビリー・プレストン/田中久留美

このバンドはすごいです。
プレイする指使いも徹底的に再現!
コスチュームはもちろん、サウンドがここまで忠実に再現されるとは!
それもそのはず、Glove Loveは関東大会優勝の実績を誇る実力派完全コピーバンドなのです。
風邪をひいてしまって少し枯れた声がかえってJohnっぽかった森さん、
ドラムをビシバシたたきながらの熱唱リンゴの船津さん、
12弦ギターをきらきら光らせながらA hard days nightのソロも見事だった田中さん、
ポールそっくりのベースプレイとシャウトをキメてくれた金子さん。
今日はスペシャルゲストにビリー“くるみ”プレストンを迎え、
中期&後期のさらに幅広いサウンドを再現します。
http://www20.atwiki.jp/glovelove/



出演バンド

*掲載はお申し込み順で、出演順ではありません。

■タッチビート

Paulko  ベース 新しいヘフナーを手に入れやる気満々です。
Johnny  ギター CasinoRevolution いい音していますね。
Morrison ギター Gibson335 ゴメンナサイ(;一_一)
Secky   ドラム アンタはいつも借り物でいいよな!

女ポールがお母さんで、立川の橋の下(?)で生まれ今年満4
歳になります(お父さんはだれだい?)。
立川、国分寺で年に4、5回のライブをやっていますが、いま
だにHPはありません!(ハ、ハ、ハ)
誰でも知っている、楽しい、きれいな、元気のでる曲をやって
います。(ビートルズはみんなそうだよね)
念願かなってWelcome Backに参加できることになり、皆張り
きっています。

■Venus&Mars Mens+おすぎちゃん

kakut (VO.Bass.)
リンゴりん☆ケン (Drums.)
てつぼう (Guitar.VO)
Ronnie (Guitar.VO)
おすぎちゃん(Key)

WelcomeBackさん出演3回目ですが、今回は都合により美男4名+鍵盤はLiverpool Boysの
おすぎちゃんにヘルプしてもらい、主に BeatlesやSolo曲を演奏します。
http://beatles-love.com/vm


■The Turkey
シンゴ Vocal, Guitar
ナンシー Chorus
マーチン Guitar
セイイチ Keyboard, Chorus
わっち Bass
まみこ Drums

ビートルズ大会2回目の出演になります。
前回とはだいぶメンバーも内容も替わってます。
今回は、ビートルズ後期の曲を中心にやります。
急遽参加のメンバーもいますが、ビートルズ好きが集まって楽しく演奏したいと思ってます。

ネットのバンド募集掲示板を通して結成しました。メンバーは30代から40代のビートルズ好きが集まってやってます。完全コピーではなくカバー?のつもりで楽しんで演奏しています。

■SYH

> 米山宏 (Dr)
> 斉藤信也(Vo,Bass)
> 西條喜宏(Vo,Guitar)

■The Abbey Notes
クレドール(Vo.RG)
ゴロピカ(Vo.B)
ジョージフルスン(Vo.LG)
なべりんご(Vo.Dr)
43(Kb)

ビートルズ好きな仲間が自然に集まってできたバンドです。
中後期の曲を中心にちょっと大人なビートルズを展開できればと思います。
応援よろしくお願いします。
http://blue.ap.teacup.com/abbey/

■The Tenants
とも:ボーカル、リズムギター
本郷:ボーカル、ベース
ヤマカワ: ボーカル、リードギター
大橋:ドラム


[戻る]