2009年10月3日

20091003.jpg *event
●●Artist Box vol.4●●
〜篠田元一 門下生LIVE〜

     music charge \1,500
     *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:40
     start 17:10

【ライブ・レポート】

Artist Box vol.4●●
〜篠田元一 門下生LIVE〜
本日は、オルタナ・フュージョンバンド“Thprim”(スプライム)や“鍵盤王子”などでご活躍中のスーパーキーボーディスト、篠田元一さんの門下生(音楽専門学校のメーザー・ハウスの生徒さん中心)によるライヴでした。7つものバンドが、それぞれ個性豊かな音を聴かせてくれました。

■ナノチェヴァイトセティ
ドラムも担当するモモイさんのピアノイントロからしっとりと始まった3ピースバンド。存在感のあるシンさんのヴォーカルが印象的でした。ダークな世界観を持つオリジナル曲に思わず引き込まれてしまう、雰囲気のあるバンドでした!

■Infinite Colors

メロディアスなポップロックバンド。わかりやすい歌詞が人の心を引きつける魅力を持ち合わせているなと思いました。ヴォーカルの成田さんが頭を振り乱している姿もぐっとくるものがありました!!

■DQ
こちらは張り上げる女性ヴォーカルと突き抜けるギターサウンドが爽快なロックバンド。ちこさんのハイトーンが気持ちよかった!ギターの速弾きはもっと聴かせてほしいくらいかっこよかったです!

■神々
こちらは今までのバンドと雰囲気を変え、フュージョンバンドの登場です。絡みつくように転がる須田さんのピアノ、透明感ある野村さんのヴォーカルが心地よかったです。スキャットだけの曲もあればバラードもあり。他のオリジナルも聴いてみたくなりました。

■花枕(かまくら)
中性的なヴォーカルが歌い上げるポップでキャッチーなメロディーが魅力の花枕は、メンバーの皆さんが楽しそうに演奏しているのがすごくよかった。見てくれた人を楽しませる音楽づくりがモットーらしいのですが、今夜は間違いなく成功していたのではないでしょうか。

■SUBWAY
オリジナリティー溢れる楽曲が耳に残るバンド。セクションごとに3・4・5拍子を行き来する曲なんかは疾走感があり、終盤では急にプログレチックなサウンドになるのがかっこよかった!曲にストーリーがあるのが飽きを感じさせないバンドでした。

■morning star
トリを飾ったのは、昨年のArtist Boxに続いて場のmorning starです。さすがトリを務めるというだけあって、安定してまとまりのあるアンサンブルでした。ドラムが女性というのはちょっと驚き。ギターロックサウンドにちょっとハスキーな甘めの馬郡さんのヴォーカルが心にしみました。

■セッション大会
そして本当の最後を締めくくったのは篠田先生も加わったセッション!まずは篠田先生のオリジナル曲「Urban #2」を生徒さんからの選抜メンバーで演奏。先生と一緒に演奏するからか、皆さんの熱もあがったように感じました。続いてスティーヴィーの「Isn't She Lovely」では飛び込み型のセッション大会に。たくさんの生徒さんが奮って参加しました。
bestplay/Urban #2

今日は長丁場のイベントでしたが、様々なバンドと先生とのセッションでヴォリューム満点のライヴでした!生徒さんが近い将来、日本の音楽業界を引っ張ってくれるのを楽しみにしています!

今夜のレポートは こまつ がお届けしました。 [22:30 記]
*bestplay recorded by Ike Ueno
*photo by komatsu

----------------------------------------

オルタナ・フュージョンバンド“Thprim”(スプライム)を率いる
スーパー・キーボーディスト篠田元一の門下生(メーザー・ハウスの生徒中心)によるパーティー・ライブ!
皆さんのお越しをお待ちしています。

■SUBWAY

増田翔子 Vocal
田熊知存 Keyboard
笹岡優 Drum
橋本寛之 Bass
松村和弘 Guitar,Chorus

地下鉄の空気というのは独特なものがあり、その匂いが妙に好きだ
ったりする。光の射さない窓を見て陰鬱になったりする時もあるが、
その分地上に出た時の清々しさはちょっとした感動がある。
僕たちsubwayは、日常の光と陰、その両者の刹那、小さな感動、
というような、ありふれたものを、如何にクールに音楽として楽し
めるか。このようなテーマを持って曲を作りました。
どうぞよろしくお願いします。
PS.モテたい。


■神々

清田啓之 Guitar
島田真樹 Drum
佐々木賢二 Bass
須田奈月 Piano
野村友李 Vocal

第2回Airtist Boxにて清田、島田、佐々木が同じバンドで出演。
それを機に親交を深める。
続く第3回Airtist Boxでは清田、野村が同じバンドにて出演、
また島田も別のバンドで出演する。
以前のAirtist Box出演者に加え、東京芸術大学卒業の新進気鋭の
ピアニスト、須田が加わる。

神々、その名の通り予測不能かつ支離滅裂なサウンドを奏でたいと思います(笑)



■花枕(かまくら)

上野洋介 Vocal,Guitar
佐藤祥 Guitar
横畠亮 Drum,Chorus
蔡素羅 Bass
高橋桐 Keyboard,Chorus

08年にボーカル上野のアコースティクユニットとしてスタート。
今年の4月にバンド編成でポップな活動を開始。
現在は都内で毎月2本〜4本のライブと自主企画を行い、
8月には仙台へ遠征するなど精力的に活動中。
見に来てくれた人が楽しくなる音楽を目指して奮闘中!


■morning star

馬郡亮平 Vocal,Guitar
松村和弘 Guitar
蔡素羅 Bass
中川茜 Drum

ロックバンドmorning starです!
メンバー間で意気投合し、
去年にひきつづき今年もArtist Boxのステージに登場!
UKライクなギターロックサウンドに、
日本人的なポップでやさしいメロディをのせて唄います。

とにかく、人に伝わる良い音楽をやりたい。
それが僕たちのすべてです。
そして楽しい時間を共有できればと思っています。
よりロックに、だけどポップに!
生まれ変わったmorning starをぜひお楽しみください!


■DQ

倉増 宗幸 Bass
池田直規 Guitar
岩崎達也 Guitar
松本ちこ Vocal
角田健一郎 Drum
清水美羽 Keyboard

「俺の名はビリー。33才でタバコを覚え、5才でケンカを覚え、7才で42.195kmを完走した。
俺の育った東京では俺の名を知らないやつはいない。小学校4年生で中退。
11才の時にホレた女と同棲をはじめるがうまくいかず私生活もメチャクチャで、ひょんなことから少年院に入る。
朝から晩まで働かされ、ブタのエサみたいな飯を食い、俺は完全に生きる理由を失っていた。
そんな時に唯一昼休みに流れる音楽だけが俺の楽しみだった。そうして俺はある1つのバンドの存在を知った。
「DQ」だ。俺はこのクセェ所を出たら絶対にコイツラを超えるような男になる。そう誓ったのだった。つづく」


■Infinite Colors

成田将人 Vocal
林 卓也 Guitar
高橋 翔 Bass
松本竜太 Drum

バンド名の由来は
一人一人の個性を色に例えて混ざり合うことによって新しい色が生まれ
より良い音楽が出来るという意味

たまにおかしな発言をしてしまうただいま作曲勉強中成田
作詞作曲共に手掛けるマルチな才能を発揮させる
平成生まれの林
メロディアスな曲で人の心をグッとつかむ至るところでセンスが光る高橋
クールに見えるその内に秘めたる思いが心揺さぶる旋律に変わる松本
この4人の個性がそれぞれの形で見えるので聞く人に伝わったら最高です
成田のヴォーカルが
林のギターが
高橋のベースが
松本のドラムが
何かが起こる!・・・?
ちなみに
Vo以外みんなカッコイイのでそこも注目して見てもらえたらなと。


■ナノチェヴァイトセティ
 
シン Vocal,Guitar
ヨシムラ Bass
モモイ Drum

大学を出て社会人を1年やって、「何か違う」そう思い会社をやめて音楽を始めたシン(Gt&Vo)と、
10年前にベースをモヒカンで弾き鳴らしていたが、同じように社会人経験を経て「やりたいことをやらないと」と決意したヨシムラ(Ba)、
そして幼少の頃からエレクトーン、吹奏楽部などで一番音楽経験が豊富でありながら大学へ行き、卒業間近にドラムに目覚めたモモイ(Dr)
によるスリーピースバンド。耳につくギター、うなるベース、轟くドラム、
それがナノチェヴァイトセティ。


[戻る]