2008年9月22日

20080922.jpg ●●ROCK〜ORIGINAL NIGHT●●


     music charge \2,500
     *オーダー&テーブルチャージ(@500)別
     open 18:30
     start 19:30

【ライブ・レポート】
今夜の出演は「やまとくにひさ」さん。大和さんは4ヶ月ぶりのwelcomeback出演ですが、今回はガラッと趣を変えてのアコースティックライブ。大和さんはいつもと違ってギターを持たずに登場し、「歌をじっくり聴かせるライブ」というコンセプトを明確に打ち出されていました。本当は打楽器無しの予定だったのですが、急遽パーカッションの中村順一さんが加わり、演奏に彩りを加えます。カバー曲が多めにプレイされたり、ライブ前にはモニターに大和さんの昔のライブ映像が流されたり、MCもいつも通りマイペースで笑いの絶えない、お楽しみいっぱいのライブでした。キーボードの北村さんの演奏での貢献度の高さは言うまでもありませんが、とかく行方不明になりがちな大和さんのMC(笑)の展開を軌道修正し、時には通訳となって会話をまとめられ、その間でベースの斉藤さんが楽しそうに笑ってらっしゃるのが印象的でした。MCの中で「こんなゆるい人間になってしまったのは、デビュー当時にしっかりさせられ過ぎていたから」とおっしゃっていらっしゃいましたが、真偽の程は定かではありません(笑)。MCではおどけられていた皆さんですが、演奏はビシッと決めるところはさすが。上質のアコースティックサウンドに載せた大和さんの美声はひたすら「カッコよかった!」としか言いようがないのです。

∬今夜の演奏曲目

¶ 第一部
Around the World
Field of dreams
たそがれマイ・ラブ
季節風
Waiting For A Girl Like You
別れの言葉
Lady sugar night

¶ 第二部
You'd Be So Nice To Come Home To
As time goes by
みじかい夏にキスをして
Heart of mine
別れの朝
二人きりのメモリー
Love Affair

*encore
I Believe

今夜のレポートは 松本 がお届けしました。
(♪しるしは“本日のベストプレイ”、クリックすると聞くことが出来ます)
*bestplay recorded by Shimura Shouichi
*pictures by Takahashi

----------------------------------------

■大和邦久 with 加齢臭BAND

大和邦久 Vocal
パパゴン鈴木 Guitar
斉藤昌人 Bass
北村仁志 Keyboard
中村順一 Percussion

【大和邦久/Vo】
「シャイニン・オン〜君が哀しい」を大ヒットさせていたLOOK
'89, ボーカルの鈴木トオルが脱退。
その後のメンバーと意気投合、L3C(Look Lonesome Lane Club)結成。
「さよならは冬の星座」でデビュー。
'91,キーボードの山本はるきち脱退後、千沢仁・CHEEP広石と共にTHE BECAUZを結成
当時の音楽シーンで高い評価を受けた。
'92,1stシングル「SILLY GIRL」発表。
'93,サックスのCHEEP広石脱退、千沢とデュオとして活動。
'94,3rdアルバム「I'M IN LOVE」発表を最後に新しい音楽を追及するため、解散。
'97,YAMATOとしてのソロ第1弾、「Field of dreams」発表。
翌年、大和邦久として2ndシングル「Leave me alone」発表。
同時に、ソングライターとしてアーティストに楽曲を提供、プロデューサーとしても活動中。
大和邦久Website:http://www.kunihisayamato.com/
MobileSite:http://www.kunihisayamato.com/mobile.html

【パパゴン鈴木/G】
ELT、ZARD、浜崎あゆみ他、数々のアーティストのサポート、レコーディング等で活躍。

【斉藤昌人/B】
WaT等のツアーや徳永英明、AIKO他のレコーディングに参加、F1ソング等の作曲も手がける。

【北村仁志/Key】
キーボードプレイヤー、アレンジャー、また作曲家として様々なアーティストをサポート。レコーディング、CM音楽等でも活躍。

♪サンプル曲 Welcome to summer


[戻る]