2007年7月16日

20070716.jpg AMATEUR NIGHT
●●第39回 ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時に別途ドリンク券(@500)をお求めいただきます。
      あるいは\1,500の「1日飲み放題コース」もあります。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


【ライブ・レポート】

 今日は恒例の「ビートルズ大会」 久しぶりに7つのバンドが勢ぞろい。賑やかで和気あいあいとして楽しくて、ビートルズな一日を満喫させていただきました。

●BIBITTLES
 なんて洒落たネーミングなんでしょう。「びびっとるず」!最初に聞いたときには笑っちゃいました。でも看板に偽りあり。バンド名とは裏腹の堂々たる演奏を聞かせてくれたんです。全員がベストでそろえたコスチュームで、初期の曲中心のステージでした。1本のマイクにポールとジョージが寄り添ってコーラスするところがカッコイイ。「ツイスト&シャウト」のコーラスもバッチリ決まっています。アキラさんのドラムがシンプル&タイトでいい感じです。風貌は違うけれどかなりリンゴを研究していると見ました。

●JEATLES
 なんとなく自分はロックする人の上限かなぁと思ってました。でも上には上がいるんですねぇ。参りました!チョイワルを通り越してそのまま悪役商会に入りそうなオジサマ3人がフロントに立つバンドです。孫とおぼしきうら若い女性二人がサポートしてはいましたが、もうバリバリの現役。平均年令63才なんですって。チャックベリーの曲を軽やかにプレイしたのにはビックリです。ならダックウォークもカバーするべきだと思ったけど、腰の事を考えたらリクエストする方が無理というもの。いついつまでもロケンロールして欲しいものです。

●Tenants
 「てなんつ」は主にビートルズの中期にスポットをあてたグループ。ビートルズ大会ではあまりプレイされることのない、And your bird can sing とか She said, she said とか。なかなかにコアな選曲です。ピアノのイントロの Sexy Sadie も良かった。演奏される機会の少ないビートルズ・ソングが生で聞ける。これがビートルズ大会の良いところですよねぇ。そのチャレンジ精神は大いに絶賛しちゃうけど、コーラスにやや難あり。その辺を詰めていただければ、すごくよくなると思うんだけど・・・

*Special guest
■長島ゆり
 本日のスペシャルゲストの登場です。長島ゆりは「ビートルズに強く影響を受けた」と言ってはばからないシンガーソングライター。あの名曲「D」の作者でもあります。今夜はいつもの彼女のバンドを率いて出演してくれました。彼女の事だから普通にカバーはしないだろうと予想はしていたんですが、想像を上回る素晴らしいアレンジ。それにいつもよりグッとソフトに、優しく唄ってくれました。テンポを落としたジャジー&ソウルフルなビートルズ、こういう切り口ってとても素敵です。Goldenn slumber とかYesterday とか選曲も渋い。7つもバンドが出たのに、他とほとんどダブらないなんて目のつけどころもシャープです。

●Water Lane West
 今日のビートルズ大会は直球勝負のバンドが多かったけど、この「うぉ〜た〜れ〜んうえすと」は変化球勝負のバンド。ブレイクしたところにアカペラを入れてみたり、各パートをひんぱんに入れ替えてみたり。アタマ数の少ない分をセンスとアイディアで補う、涙ぐましい努力のバンドです。一番感心しちゃったのは40何人ものオーケストラを動員したあの大曲 A day in the life に挑戦していたこと。たった3人でですよ!こういう姿勢が好きですね。破壊の後に創造がある、ってのはほんとだと思いました。

●水割り
 大物バンドの登場です。「みずわり」さんは来月、本場も本場リバプールのキャバーンでライブをするんですって!だけあってとにかく上手い。サウンドはと言えば水割りなんかじゃなく、もちろんかっこいいロックなんです。正統派ビートルズ・カバーバンドの風格が漂っていました。どの曲も良かったけど、独断と偏見で言わせてもらえば Mr. Postmanが一番の好みです。ジョニーさんのヴォーカルや足の広げ方なんかもろジョンって感じ。みんなで絡んできたコーラスも素敵です。ハーモニーも完璧なものだから循環コードの魔力にすっかりはまってしまいました。

●よっちゃん
 「よっちゃん」は今日唯一のピアノ弾き語りのアーティスト。こんな名前ですが、実は偉い人なんですよ。アフター・ビートルズも含めピアノがらみの名曲がズラリと並んだステージは、はっきし言って好みです。マーサ・マイ・ディアなんか、やる人は少ないんですよねぇ。名曲イマジンはちょっとヤバかったけど、なんと言っても大注目はジョンのソロからの「ゴッド」でしょ。「よっちゃん」はバラードの人と思っていただけに、あの全身でぶつけてくるようなスピリチュアルなロックを歌いだしたときは少なからず驚かされました。

●Kaiser Keller
 ビートルズファンにはなにを今さらって言われちゃいそうだけど、「かいざ〜けら〜」ってのはデビュー前のビートルズが箱バンをやっていたハンブルグの場末のキャバレー。それをバンド名にしちゃうんだから、メンバーの熱〜い気持ちがそのまま伝わろうという物です。看板に偽りなし、初期の曲を中心に若々しくワイルドなロケンロールを聞かせてくれました。でも2つだけ言いたいことがあります。このバンド名ならやっぱ革ジャンでしょ。それからもひとつ。どちらかと言えば後期の曲 Hey Bulldog が一番かっこいいと思いました。ってことはバンド名と実態にズレが生じ始めてるのでは?

本日のレポートは たかはし がお届けしました。

-----------------------------------------

ご好評をいただいてるビートルズ大会、今回から大幅にシステムを変更しました。
「参加料が安すぎるのでは?」というご意見もいただきましたが
一人でも一つでも多くのバンドに参加してもらうのには、やっぱこれが一番でしょ
詳細は左フレームの「ビートルズ大会」をクリックしてください。
只今タイムテーブルを作成中のため参加アーティスト枠をいくつにするかも検討中です。
ゲストを除き6バンドくらいになりそうです。
どうぞお早めにお申し込み下さい。


■お問い合わせ 担当者:企画広報/たかはし までお気軽にどうぞ。

2007/6/7 現在のお申し込み状況
 ありがとうございました、締め切らせていただきました


♪SPECIAL GUEST♪

●長島ゆり
宮崎圭介(G)
君島一史(B)
日名子正夫(Ds)

シンガーソングライター&洋楽カバーピアノ弾き語りで活躍の長島ゆり。
洋楽の中でもビートルズには別格なほどの想いがあります。
女性が歌う一味も二味も違ったビートルズナンバーを
新鮮な角度とアレンジでお楽しみください♪
http://www.welcomeback.jp/artist/na/NagashimaYuri.htm


■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。

1.水割り

ジョニー黒田(R.G. Vo.)
マサ井上  (L.G. Vo.)
シノフォーン  (B.G. Vo.)
ドン田中  (Dr. Vo.)

8/24〜8/28イギリスリバプール生誕800年蔡
BEATLES WEEK地元キャバーン他出演決定。


2.The Tenants

大井智生 (Vo./ギター)
本郷賢 次郎 (Vo./ベース)
小林克行 (Vo./ギター)
高橋あらた (ドラム/Vo.)
中村佳代 (キーボード/Vo.)


3.Water Lane West(ウォーター・レーン・ウエスト:通称ヲタレン)

川瀬亮(Vo.ベース.キーボード)
dai (Vo.ギター.キーボード)
リンゴ(コーラス.ドラム)

ビートルズ、ポールのソロ・ナンバー(Wings含)を中心に
同時代(60年代)の英米バンドなども押さえつつ、
7〜90年代辺りの所謂”ビートルズ・チルドレン”的な
英米インディ・ポップなどのカバーをコンセプトを持って
やってみたりする事が目標のバンド。

バンド結成は今年3月だが、それ以前はリーダー(川瀬)と太佑が
二人でユニットを組んでいた。それに同じく10年来のビーヲタ仲間である
アイ☆コリンゴを迎えて本格的にビートルズ・カバー・バンドとしてスタート。
3ピースで活動するのはしんどいので現在メンバー募集中。
http://waterlane.blog102.fc2.com/
(ヲタレン・メンバーによるリレーブログ)


4.JEATLES

堂園 光則(Vo.G)
松井 慎介(Vo.B)
山田 晃 (Vo.G)
森田 淑恵(Vo.Ds)
川田 知美(Vo.Kb)

リアルタイムで聞いた初期〜中期をやります。


5.よっちゃん

よっちゃん(ピアノ・ヴォーカル)

ピアノ引き語りのよっちゃんです。
後期から解散後の曲を
気持ちを込めてうたいます。
よろしくお願いします


6.Kaiser Keller

やす as John (Vocal & Guitar)
hiropaul as Paul (Vocal & Bass)
つっちー as George (Vocal & Guitar)
アキラ as Ringo (Vocal & Drums)

昨年12/3のビートルズ大会に出演して以来久々の6回目の登場です。
今年3月、「ショージ as George」が転勤によりBandを去ってしまいました。
新たなメンバ「つっちー as George」を迎えての登場です。
平均年齢40歳ですが、年齢に負けないステージをお送りします。
http://home.att.ne.jp/omega/Mixolydian/


7.ビビットルズ

タカヒロ as ジョン Gt. & Vo.
マサカズ as ポール Bs. & Vo.
シュウ as ジョージ Gt. & Vo.
アキラ as リンゴ Dr. & Vo.

ビートルズ大会、初出場の若手コピーバンド、ザ・ビビットルズです。
初期のロックン・ロール・ナンバーを中心に勢いのあるステージを
お送りします。




[戻る]