2004年10月24日

20041024.jpg ●●第25回ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


《ライブ・レポート》
 今日はウェルカムバック一番人気のイベント「ビートルズ大会」です。毎回のことですが今夜も店内はオープンと同時に超満員。1曲ごとに大きな歓声のわく、この温かい雰囲気がいいんですよねぇ。今夜は変化球から剛速球のバンドまで、ゲスト+6つのバンドが出演してくれました。

●RIO
 いやぁ〜最初っから変化球勝負のバンドが登場してきましたね。「りお」はうちの“オヤジ・バンド大会”にも挑戦してくれたことのあるベテランのバンドです。だから平均年齢は当然高めなんだけど、年とは反比例する元気な演奏を聞かせてくれました。どの曲もハード・ロック仕立てなんです。アップテンポでロケンロールしていた「カム・トゥゲザー」は新鮮だったし、5拍子の「イエスタデイ」には思いっきりビックリしてしまいました。

●TEDDY BOYS
 「てでぃ〜ぼ〜いず」はどちらかと言えば、原曲に忠実なカバーを聞かせるグループ。頼りなげではかなげな「レボリューション」は気になったけど、「ミー・アンド・マイ・モンキー」なんかは雰囲気が良く出ていました。アレンジに凝っていた「サムシング」がとても良かったです。イントロを聞いただけではちょっと分からなかいくらい。ディストーションを聞かせたエモーショナルなギターソロが光っていました。

●m☆times
 このバンドは上手かった。演奏はタイトだし、コーラスも厚くてハーモニーもバッチリ。只者じゃないなと思って、ステージに目を凝らしたら知った顔がいっぱいです。上手いのも道理でうちの「プロの日」で活躍するバンド、“Sometime”からドラムの米山さん。同じく“m☆shine”からヴォーカルの斉藤さんとキーボードの小波津さんが暴れていました。なるほど、それで「m☆times」ってわけなんですねぇ。

●Memphis
 このバンドも上手かった。彼らは今日が2度目の出演かな。今日の出演バンドの中では一番ビートルズっぽかったと思います。一人だけTシャツの人がいたけれど、ほかはみな細身のタイに細身のスラックス。ハンブルグやデビュー当時の雰囲気が良く出ていました。メニューも当然初期の曲が中心。ビートルズが優れたロケンロール・バンドだったことを証明するように、元気なステージで魅せてくださいました。

■■
■■fraisjoueur
お待たせしました、本日のスペシャルゲストの登場です。「ふらいすじゅ〜る」はボサノヴァをxースに、幅広い選曲とオリジナルで大向こうを唸らせるユニット。今夜もジョアン・ジルベルトを思わせる涼しげで軽やかな小久保さんのギターをバックに、北條さんのフルートがクールでリリカルなビートルズを吹きまくります。それにしてもつくづく思ったのは、ビートルズの曲ってほんと全方位なんですね。見事なサンバ〜ボサノヴァ・ビートルズを聞かせていただきました。
♪今日のベスト・プレイ Here comes the Sun

●チェインズ
 彼らは初登場のバンド。とは言っても方々のビートルズ・バンドでお見かけするラモスさんがいますからある意味ベテランかも。「ちぇいんず」は今夜唯一の後期ビートルズに焦点を合わせたバンドです。オープニングの「フライイング」が渋い。今日で25回目のビートルズ大会だけど、この曲はたぶん初めてじゃないかなぁ。“ハロー・グッドバイ”と“ストロベリー・フィールズ”の豪華カップリングを再現してくれたのもうれしかったですね。

●プラスチック小田バンド
 この大会ではポールにジョージそれにリンゴまで、専門にカバーするバンドが出演してくれたことはあります。でも不思議なことにジョン専門っていうのはなかったかもしれない。トロント・ライブをもじったバンド名もいいですよねぇ。ヴォーカルの小田島さんのジョンへの愛がひしひしと伝わってくるステージでした。これでもうちょっとシワ枯れてたら完璧にジョンです。様々な音色で弾き分けるギターの本田さんも良かった。

今夜のレポートは たかはし がお届けしました。

---------------------

ご好評いただいてるビートルズ大会、「第25回ビートルズ大会」
お申し込み受付を終了しました。
ありがとうございました。

■お問い合わせ 担当者:企画広報/岡部 までお気軽にどうぞ。


2004/8/10 現在のお申し込み状況   
                残り   

■詳細を説明した専用ページはこちら
 http://www.welcomeback.jp/beatlesTaikai.htm


♪SPECIAL GUEST♪

fraisjoueur

北條 達子 Flute
http://www.welcomeback.jp/artist/ha/HojyoTatsuko.htm
小久保徳道 Guitar
http://www.welcomeback.jp/artist/ka/KokuboNorimichi.htm

フルート(北條達子)とギター(小久保徳道)のデュオ。
ジャズやブラジル、ファンク、またはポップスなどなど、
ジャンルは関係なく、「よい音楽をやろう!」がコンセプトのユニット。



■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。


1.チェインズ

Gt Vo ラモス
Ba Vo 西やん
Gt Vo 次元・タカヤス
Key Cho ヨーコ
Dr Vo つっちー

はじめまして! チェインズでーす!
歴史は長〜く十年。数々のメンバーチェンジを経て、この5人に落ち着いてから一年余。
爽やかな笑顔とともに、中後期ナンバーをド迫力で演奏することをモットーとしています。
請うご期待!


2.RIO

VO.鈴木 久男
B.小出 昇
G.金沢 徹
DR.金沢 晶子


3.プラスチック小田バンド

VO&G ハッピー小田島
VO&gG スウィートロード本田
VO&B クリフ
D &VO うっちゃん
K    春菜

ウエルカムバックは是非出演したいと思っていました。初出演になります。
ビートルズ解散後のジョン・レノンのソロの曲を主なレパートリーにしています。
メンバーの最年少と最年長の年齢差は31歳もありますが、それだけビートルズは各年代に愛されているって事ですよね。
プラスチック小田バンドホームページ
http://www.h4.dion.ne.jp/~route-b/plasticodabandtop.html
スウィートロード本田のホームページ
http://www.h4.dion.ne.jp/~route-b/


4.m☆times

斉藤信也   Vocal 
小波津裕子 Vocal
武藤正道  Guiter
萩原康彦  Guiter
興梠拓郎 Bass
米山 宏  Drum

第18会大会以来1年ぶりの参加となります。
エムタイムスでどんなビートルズになるのか・・・・
精一杯がんばりま〜す。


5.The Memphis

G 千葉朋弘
G 中川裕和
B 樋口直樹
D 西村順
K 竹中香織

with the Beatlesをやってみたいと思います。


6.TEDDY BOYS

VO/G 吉田哲也
VO/G 丸山 健
VO/B 中村 直樹
VO/D 安井 久博
KEY 難波 貴之

2度目の出場になります、THE TEDDY BOYS です。
バンド名のわりには平均年齢は高く、レパートリーも中後期の曲が多いです。
そのギャップをお楽しみいただければと?
実は23回大会にもエントリーしていたのですが、諸事情で辞退せざるを得なくなりました。
(その節はご迷惑おかけしました・・・)
今回はそのお詫びとリベンジも兼ねて、装いも新たにチャレンジしたいと考えます。
よろしくおねがいします。
バンド HP  http://teddyboys.pepper.jp/


[戻る]