2004年5月30日

20040530.jpg 4th Anniversary

♪♪♪ 第22回ビートルズ大会《スペシャルセレクション》 ♪♪♪

   music charge \1,000
   *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
    (アマチュア・デイはテーブルチャージ不要です)
   open 16:30
   start 17:00


【ライブ・レポート】
今日はウェルカムバック一番人気のイベント“ビートルズ大会”です。回を重ねていつの間にか22回、しかも今夜は年間のベストパフォーマンスだけを集めたスペシャル・セレクション。盛り上がりましたよ〜!

●Hinemoss
 「ひねもす」は今日がビートルズ大会3回目の出演です。初めて出てくれた時は4人組でしたが今はビリー・プレストンも加わって5人組、1st〜3rdアルバムあたりを中心に聞かせてくれました。フロントに立つジョン役の美女、飯泉さんが歌にギターにと頑張っていましたね。彼女は右手にハンディを抱えたミュージシャン、でも今の今まで全然気がつきませんでした。だって可愛いし元気だしぃ。天然なのかもしれないけど、そんなことを微塵も感じさせない明るいところがとっても素敵です。また出てくださいね。

●Beat Knight
 連続12回出場という最長不倒記録が途絶えてしまったのはとっても残念なことですが、他を寄せ付けない圧倒的な出場回数を誇るのがこのバンド「び〜とないと」です。今日はいつもと趣きを変え、イントロは“ヒゲ・ダンス”だったしエンディングは“8時だよ全員集合”のテーマという凝りよう。ドリフターズ・ネタのステージで楽しませてくれました。考えてみたら武道館でのビートルズ来日公演の前座はドリフターズでしたよね。う〜ん、そこまで計算してるんだぁ。「び〜とないと」深いバンドです。

●Broken Cats
 「ぶろ〜くんきゃっつ」は、ハッキシ言って馴染みのない名前なんです。でも見覚えのある暴れ者が二人、中央にデ〜ンと鎮座ましましているじゃないですか。あの二人はノリの良さでは日本一を誇る夫婦ビートルマニア岡本夫妻です。そうなんです、このバンドは岡本一族によるファミリーバンド「T.R.Y.2」の枝分かれグループ。ネットで更なるスキ者を集めて結成されたんですって。なるほどね、初期を中心に選曲されたコアなメニューがそれを物語っています。ポール役のダンナが相変わらずいい声していました。

♪SPECIAL GUEST
■Jacaranda
 さて一組めのスペシャル・ゲストの登場です。「じゃからんだ」は方々のビートルズ・コンテスト荒らしとして有名なグループ。各地のビートルズ・クラブでハコバンとしても演奏する完コピ・バンドの第一人者です。バンド名はリンゴの前のドラマー、ピート・ベストの実家のお店の名。そのこだわりからも分かるように、腰の入れ方が半端じゃないですよね。ハンブルグ時代の曲を中心に魅せてくれました。とにかく上手い。ほとんどMCもはさまずに怒涛の勢いで聞かせた全15曲、熱かったですぅ!

♪SPECIAL GUEST
■Jam Strings
 二組目のスペシャル・ゲストはうちのプロの日でも活躍するアコースティック・デュオ「ジャム・ストリングス」の登場です。このデュオは以前にもゲストとしてお招きしたことがあります。その時は「グッド・ナイト」でレッド・カード寸前の、あまりにも危険な吐息を聞かせたりするもんだから今回お呼びするのに迷いがありました…なんてことがあるわけ無い!絶対また聴きたくて三拝九拝して出演していただきました。なのに今回は「グッド・ナイト」を演ってくれないなんてあんまりだぁ。
♪今日のベスト・プレイ In my life

●Magical Mystery Band
 「まじかるみすてり〜ばんど」は6回目の出演、出るたびに聴くものを驚かせる意外性120%のバンドです。それはブルースに根ざした意表をつくアレンジの面白さ。どれもビートルズの曲なんだからみんなよ〜く知っているはずなんだけど、イントロを聴いただけじゃ誰にも絶対分からない。あっれぇ〜今日はエアロスミス特集じゃないよぉって感じで迫ってくるんです。もう完全なハード・ロック。またアレンジを変えたのか、ブラックバードなんて最後まで気がつきませんでした。かっこいいったらありません。

●Beatlipper
 「ビートルズ大会スペシャル」のトリを飾ってくれたのは、やはりベテランのバンド「び〜とりっぱ〜」です。今日は初期の曲を演奏するグループが多かったけど、彼らは後期の曲一辺倒。ルーフトップ・セッションの曲中心のステージでした。ヒゲもちゃんとつけてたし、ピンクのWのスーツもちゃんと着てたし、雰囲気出てるんですよねぇ。キーボードの宮沢さんがいい味出してます。「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」なんて完璧だった。TOTOのカバー・バンド「スティル・ライフ」のサックス村上さんがゲストで出てきたのにはビックリ。「スローダウン」でのオブリガードなんて最高でした。

---------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ウェルカムバックはこの5月で開店4周年を迎えます。
そこで第22回のビートルズ大会は「Special Selection」と題し
今までにご出演いただいたバンドの中から特に印象深いプレイを披露してくれたバンドさんをご招待の予定です。
しかもベリー&ベリースペシャルなゲストもお呼びするつもりです。だから今回は特別!
上手さはもちろん、様々な切り口のビートルズを楽しんでいただけます。



■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。

SPECIAL GUEST T

Jacaranda

Kany蟹谷
James 坂尾
Harri 海藤
Mucchey 村田

http://village.infoweb.ne.jp/~lm/j/1.htm


SPECIAL GUEST U

Jam Strings

ホセ有海 Guitar
http://www.welcomeback.jp/artist/ha/HoseAriumi.htm
ミッキー石内
http://www.welcomeback.jp/artist/ma/MickyIshiuchi.htm


■BrokenCats

pooh  : ジョン
tea   : ポール
ionian  : ジョージ
りっちぃ : リンゴ

去年の4月、壊れた猫が4匹集まって、B4バンドを
結成しました。一匹メス猫が混ざっているという噂もありますが
きっと何かの誤解でしょう。約2匹はかなり大きい猫ですが
本人達はせつなく、かわいいキャラのつもりでいます。
一番最後に加わった一匹は、一見おとなしそうにしていますが
お正月のお酒が抜けきっている保障はありません。
今回、初期で壊れます。
http://www2.odn.ne.jp/~hap48440/BCats/


■Magical Mystery Band

まつぐま(Vo & Gt)
ただ (Vo & Gt & Sitar)
かとう (Vo & Bass)
うえむら(Vo & Drums)

その昔、Beatles Mailing List主催で開催されていた、セッション大会を
通じて知り合ったメンバーにて1996年に結成。
数年間の活動休止を経た後、メンバーを一新し、2000年に復活。
Magical & Mystery なアレンジで中後期の曲を中心に演奏します。


■Beat Knight

あかし大将 Vo,B
のなか監督 Vo,G
Georgeさとう Vo,G
Ringoとみざわ Dr


■Beatlipper(ビートリッパー)

マッカ浅野・・・・・・ベースギター&Vo
ラモス斎藤タカ・・・リズムギター&Vo
ジージョ黒田・・・・・リードギター&Vo
ボンゴ朝倉・・・・・・ドラムス
セイウチ宮澤・・・・キーボード&Vo
サックス・・・・・・・・Mr.村上(ゲストプレーヤー)

レパートリー・初期〜後期ナンバー。毎月第3土曜日、下赤塚「ダイニングバーウー
ズ」に
出演中。今回サックスプレーヤーゲスト出演。中期・後期ナンバーでお楽しみくださ
い。
HPアドレス→http://www.curio-city.com/curio-buzoo2/users/beatlipper/


■Hinemoss

JOHN   いいづみ → ♀
PAUL   yukon → ♀
GEORGE kovino → ♂
RINGO  にーづま → ♂
Key.   お華 → ♀

Hinemoss HomePage
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/9369/


[戻る]