2004年3月20日

20040320.jpg ●●第21回ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


【ライブ・レポート】
今夜はウェルカムバック一番の人気イベント「ビートルズ大会」です。今夜はビートルズの地元イギリスからもスペシャルゲストを迎え、店内もなんとなくざわざわソワソワと落ち着きがありません。半年も前からエントリーしてくれていた6つのバンドのみなさん、ほんとにお待たせしました。

●50's
 最初に登場してくれたのは「ふぃふてぃーず」、平均年令が50はくだらないという年季の入ったバンドです。最初はどうも調子が出ないらしくおっかなびっくりって感じの演奏で、見ているこちらもはらはらドキドキしてしまいました。でも曲が進むうちにだんだん絶好調。途中に早口言葉の入る「Don't let me down」には笑ってしまいましたが、「I saw her 〜」では見事なハーモニーを聞かせてくれました。リーダーの白井さんは弱気なことを言ってましたが、「ふぃふてぃーず」は我々団塊の世代の希望の星。いつもの怪気炎でもっともっと怪進撃を続けて欲しいものです。

●SUNQUEEN
 「さんくい〜ん」はビートルズ大会初登場、ビリー・プレストンもフィーチュアした5人編成のバンドです。初期中心のメニューでしたがアレンジがしっかりしていて、どの曲にもちゃんと厚いコーラスがついていました。ビートルズと来たらやっぱコーラスでしょ、外せないですよね。噛み付くように歌うコーラスはちょっと恐かったけど、ハーモニーもバッチリです。リンゴ役は女性ドラマーみのりさんが務めていましたが、ピッチも正確。ミディアムテンポの曲で聞かせたグルーヴはほんとに気持ち良かった。

●half moon custard
 直球勝負のグループが多かった中で、彼らは少し変化球だったかも。この「は〜ふむ〜んかすた〜ど」は、自称「ビーヲタ」の鈴木さんと川瀬さんの二人組です。ある時はピアノとギターのデュオ、またある時はエレアコとフォークギターのデュオと、目まぐるしく持ち替えながらバラードを中心に聞かせてくれました。二人が二人ともかなりユニークな声だし感性もユニークです。アコースティックなデュオというのもニッチだったけれど、そのサウンドにのせる二人の声のアンサンブルがいい感じです。サウンドそのものが消化されていると感じました。

●Star Club
 「すた〜くらぶ」はモッチとカズエと意味不明ですがm.o.kingという、3人の女性がフロントで暴れるバンド。初期の曲を中心にタイトなビートルズを聞かせてくれました。実はこのバンドはキーボードとベースのお二人が姉妹で、ギターのトヨシーさんがもうすぐお兄さんになるとのことです。そんな摩訶不思議な関係の血縁バンドだったけれど、リズムはタイトでしたねぇ。その一番の犯人はドラムのポウさんと見ました。バスドラでキープするビートが、なかなかに気持ち良いプレイを聞かせてくださいました。

《SPECIAL GUEST》
Red Stripe
 今夜のスペシャル・ゲストは“レッド・ストライプ”、ロンドンからやってきたブルース・マン。右足を大きく投げ出しストンプしながらプレイする姿は、ファッッ・ドミノあたりのピアノ弾きと完璧にダブります。とにかくホットな人で初来日&初ステージにもかかわらず、首までどっぷりジャンプ&ジャイブに漬かったサウンドに、お客様は1曲目から釘付けです。今日はビートルズの曲でとお願いしてあったのですが、イントロを聞いても何がなんだかさっぱり分かりませんでした。だって「Get back」やら「I saw her〜」あたりの曲が完璧なブギーに仕上がっているんですもん。いや〜素晴らしかった。
 彼は来週の水曜日にまた出演してくれる予定です。共演はバンバンバザールでござ〜るという超豪華なカップリング。見逃せませんよぉ!

●BEATLOVE
 「び〜とらぶ」はドラムレスの3人組。見た目もジョンに良く似ているTETSUさんが座って歌うというアコースティックなセットです。あっれぇ〜どこかで見た顔がと思ったらドラマーは欠席だったけれど、「TROUT」という名前で出てくれてたみなさんじゃないですか。みなさんベテランだけあって今夜のアンプラグドなサウンドも良かったですね。3人の声のブレンド具合が極上で、コーラスのハーモニーがとてもまろやかに響いていました。ラバー・ソウルの頃のビートルズの雰囲気がとてもよく出ていたと思います。

●Realax
 今夜最後に登場したのは「りらっくす」のみなさん。このバンドも見覚えのある方ばかり。例えばO.B.Cとかシルバー・ドッグスとかビートリッパーとか、そうそうたるバンドでブヒブヒ言わせてた人ばかりなんです。スーパー・バンドですよねぇ。1曲目こそドキッとさせられましたがあとは貫禄。トリを飾るにふさわしい堂々たる演奏&コーラスを聞かせてくれました。5人目のメンバーというとついついビリー・プレストンを思い浮かべがちですが、今夜の和田さんはポール直系でしたね。メインのメロディーがどちらか分からないような込み入ったコーラスもバッチリでした。

今夜のレポートは たかはし がお届けしました。

---------------------

ご好評いただいてるビートルズ大会、「第21回ビートルズ大会」
お申し込み受付を終了しました。
ありがとうございました。


■お問い合わせ 担当者:企画広報/渡辺 までお気軽にどうぞ。


2003/10/5現在のお申し込み状況   
                残り   

■詳細を説明した専用ページはこちら
 http://www.welcomeback.jp/beatlesTaikai.htm


♪SPECIAL GUEST♪

Red Stripe

レッド・ストライプ Piano, Vocal, Jump

 ロンドンをベースに活動するジャンプ&ジャイブ・バンド“レッド・ストライプ・バンド”のリーダー。ピアニスト&ヴォーカリストの“レッド・ストライプ”が来日します。
 “レッド・ストライプ”はエディー・リーダーやスクイーズ、プリテンダーズなどとの共演。またオスロ・ジャズ・フェスティバル、チチェスター音楽祭などへの出演。'03にはコートダジュールのツアーや、6,000人の聴衆を集めたバーミンガム・ナショナル・アリーナでのコンサートなど。本国イギリスで絶大な人気を誇るアーティストです。
 ブギウギ・スタイルの正統な継承者として、カウント・ベイシー、ルイ・ジョーダン、ルイ・プリモ直系のサウンドが魅力の“レッド・ストライプ”。ジャンプしてジャイブしてロケンロール!今夜ウェルカムバックでぜひ、本物のステージに接してください。
http://www.theredstripeband.com


■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。


1.The Realax (リラックス)

サム天野   G・Vo.
ボブ斎藤  B・Vo.
トッポ黒田 G・Vo.
マック相馬 D・Vo.
アート和田 K・Vo.

本八幡「BIG BEAT」で知り合ったメンバーで初期〜後期まで何でもOKのバンドです。
月2〜3で本八幡「BIG BEAT」に出演中です。
リクエスト、何でもどうぞ!


2.Star Club

モッチ:R.Guitar
カズエ:Bass
トヨシー:L.Guitar
ポウ:Drums
m.o.king:Keyboard

Star Clubというバンド名は、ビートルズがメジャーデビューする前に出演していたハンブルグのライブハウスから名付けました。昨年2月に続いて1年ぶり2度目のエントリーとなりますが、今回はメンバーチェンジにより新ドラマーを迎え、パワーアップしたステージで前回のリベンジを狙います。みなさん応援どうぞよろしくお願いします!
http://members.jcom.home.ne.jp/starclub/


3.BEATLOVE

VO&AG:Johannes Tetsuno(旧姓Wrong Tetsu)
VO&AG:SAMARU Ramon
EG&12G:Carl 虎太郎

今回!丁度1年目のBEATLES大会出演です(その時の”BEATLES大会”が僕らのデビ
ューLIVEでした)。残念な事にDrのSarryは今回欠席ですが残りのメンバー3(1
年前と同じメンバー)で演奏します。よろしく願います!


4.50s

五十嵐 正樹 リード
長沢 義文 ベース
増尾 光彦 ドラムス
佐藤 博子 キーボード
白井 慶吾 サイドギター

52才、54才、56才、57才、?才の5人が30余年ぶりに楽器を持ってバンドを組んで1年。
去年8月31日、10月26日のビートルズ大会に出ましたが、
限界を知って今回が最後の出演に決めました。
人生の楽しみをcomebackさせてくださったwelcomebackさんに感謝を込めて演奏します。


5.half_moon_custard(ハーフ・ムーン・カスタード)

鈴木 大介[Vo.G.B]
川瀬 亮[Vo.G.Key]

二人とも「リアル・タイムビートル」世代な父親に洗脳されてすっかり親を凌ぐ
「ビーヲタ。」と化してしまってしまった可愛そうな20代。
結局その洗礼以後音楽と言えば60〜70年代にしか真実は無いと
二人は勝手に思っています。
少ない人数でビートルズをやるのは難しいですが
「Blackbird」ばかりやってるわけにもいかないのでそこは頑張ります。


6.SUNQUEEN

ds.vo.    “SHINSYU” みのり
bs.vo.    “SILENT MANIAC” 松本
key.per.vo. “CLAP YOUR HANDS” 藤代
g.vo.     “KANSEITO” 小谷
g.vo.     “MIGHTY” いわはし

WITH THE BEATLES !!


[戻る]