2003年12月23日

20031223.jpg    【X'mas Special】


ご好評をいただいているビートルズ大会、第19回は「クリスマス・スペシャル」です。出演バンドは必ずクリスマスの曲を演奏する、とゆうお題付き!

■お問い合わせ 担当者:企画広報/渡辺 までお気軽にどうぞ。

2003/7/24 現在のお申し込み状況   
                残り   

■詳細を説明した専用ページはこちら
 http://www.welcomeback.jp/beatlesTaikai.htm


【ライブ・レポート】
今日はウェルカムバック一番人気のイベント「ビートルズ大会」 しかも“クリスマス・スペシャル”ときた日にゃ盛り上がらないわけがありません。雪ウサギみたいに真っ白なミス・サンタとかグラサンのちょっと恐いサンタさん。忘年会帰りみたいな三角帽子のおじさま達までステージ上で大暴れ。店内は年末〜クリスマス一色でした。

●BACK INSECTS
 最初のバンドは1年ぶり登場の「ばっくいんせくつ」、仙台からやってきたバンドです。今年のクリスマスはブルー・ライトが流行、彼らも全員ブルーのシャツで決めてリキの入ったステージを見せてくれました。彼らは地元ではだいぶブヒブヒ言わせているご様子、初期から後期までと幅広い選曲でゆとりのステージを見せてくれました。「ロケンロール・ミュージック」の張りのある歌声もよかったけれど、ネイキッド・バージョンの「ロング&ワインディング・ロード」を取り上げるところなんかがニクイッ!
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Happy Christmas〜War is over

●THE MEMPHIS
 「メンフィス」もよく出てくれるバンドです、もっとも以前は「カジノ」という名前でしたけどね。このバンドはアレンジが凝っていた。「ミスター・ポストマン」仕立ての「ラスト・クリスマス」という意表をつく曲でスタート。「アイブ・ガッタ・フィーリング」で聞かせた、ジョンとポールの掛け合いがカッコよかったです。白雪姫のように色白だった点はビリー・プレストンとは大違いだったけれど、「ゲット・バック」のファンキーなエレピのソロも良かったなぁ。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Last Christmas

●高田薫
 今夜唯一のソロ・シンガーの登場です。でもMCによれば昔はビートルズ・バンドを組んで大暴れしていたんですって。しばらくリタイアしていたら徐々に徐々に演奏したい気持ちが湧いてきて、ン十年ぶりのライブなんだとおっしゃっていました。わかりますわかります。そういう方はもう大歓迎、なにしろうちの店名は「お帰りなさい」って意味なんですから。「イッツ・オンリー・ラブ」から「スターティング・オーバー」まで、ジョンへの愛情あふれるステージを見せてくれました。
*彼がプレゼントしてくれたX'masソング
Happy Christmas〜War is over

●スカッシュ
 はっきし言って「スカッシュ」はコスプレ・バンド、今夜のために頑張ってくれたんですよね。ありがとうございました。冒頭で触れた“雪ウサギみたいに真っ白なミス・サンタ”とか、BEATMASそっくりの“グラサンのちょっと恐いサンタさん”って、このバンドのことなんです。 とどめはなんと言ってもカブリモノで登場のドラム萩尾さんでしょう。前が見えないんじゃないか?空振りするんじゃないか?と心配しましたがおっけ〜!でも果たしてあれはトナカイだったんでしょうか馬だったんでしょうか?キリンにも見えたしなぁ。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Christmas eve

●Repeats
 「りぴ〜つ」もベテランのグループ、リズムもタイトないいバンドです。彼らは曲によって楽器を持ち替えたりするマルチミュージシャンの集団。ギターがベースに持ち替えるし、と思ったらキーボードの前に座ってるし、果ては鍵盤の肘弾きです、圧巻は「シンク・フォー・ユアセルフ」ですよねぇ。ベースが2本も登場したのにはビックリしました。今日の“お題”のクリスマス・ソング、彼らは「ミスター・ムーンライト」にからめて「ホワイト・クリスマス」を演ったんだけれど、自然なアレンジとても素敵でした。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
White Christmas

■■本日のスペシャルゲスト■■
●JAM STRINGS
 いよいよスペシャル・ゲストの登場です。「じゃむすとりんぐす」はギターのホセ有海さんとヴァイオリンのミッキー石内さんのデュオ。うちのプロの日にも何度も出演してくれるし、様々なアーティストのサポートで名を馳せた二人です。とにかく、ポロ〜ンと弾く弦の1本1本の響きが深かった。腕がいいと音色まできれいなんですよねぇ。プログレっぽいオリジナルもカッコよかったけど、バラードでまとめたステージにはウットリさせられました。とくにミッキーさんが「グッドナイト・・・」とささやいたラストの曲、すごく良かったけどあんなに色っぽいのは反則ですぅ。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Good night

●MAG
 「まぐ」もベテラン、多分今日の出演バンドの中では一番の平均年齢の高さを誇るバンドでしょう。でも音圧でも間違いなく一番。ジョージの「アイー・ミー・マイン」なんか完全にハードロックになっていました、その点では若々しいバンドです。曲の合間にポロリともらした「あ〜しんどい」って本音。あれは聞かなかった事にしておいてあげましょう。「声が出ない」と弁解していたけれど、あの音圧であのグルーブであの豪快な歌いっぷりなら全然おっけ〜じゃないですか。マジで勢いのある演奏だったと思います。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Rudolph, the red nose reindeer

●Beat Knight
 「び〜とないと」は超ちょ〜ベテランのビートルズ・バンド。この大会に何度出演してくれたか、数えるのもバカバカしいほどです。ついに今日は大トリで出演の運びとなりました。今夜の彼らの演奏もリキが入っていましたねぇ。リズムもぐっとタイトになったし、コーラス・ハーモニーもバッチリ。しかも今夜は飛び道具まで持ち出しての大熱演、本物のシタールなんか見たのも触ったのも初めてです。選曲も「シェイク・オブ・アラビ」とか「ハネム〜ン・ソング」など濃い曲ばかり。ビートル・マニア面目躍如のステージでした。
*彼らがプレゼントしてくれたX'masソング
Jingle bell rock


---------------------

♪SPECIAL GUEST♪

Jam Strings

ホセ有海 Guitar
http://www.welcomeback.jp/artist/ha/HoseAriumi.htm
ミッキー石内
http://www.welcomeback.jp/artist/ma/MickyIshiuchi.htm


■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。


1.高田 薫 Vocal,Piano


2.BACK INSECTS(バック・インセクツ)

ドラムス  筒井 俊明
ベース   鈴木  尚
ギター   朝倉 正路
ギター   小野寺孝浩
キーボード 小野寺朝子

1年ぶりです。今回も帰りの新幹線に間に合うように頑張って演奏したいと思います。
http://backinsects.at.infoseek.co.jp/

3.スカッシュ

渋谷 博(しぶや ひろし):  ギター・ヴォーカル
新沢 治雄(しんざわ ひろお):ベース・ヴォーカル
萩尾 健吾(はぎお けんご): ドラムス・ヴォーカル
竹内 徹(たけうち とおる): ギター・ヴォーカル
秋田 景子(あきた けいこ): キーボード・ヴォーカル

・2003年1月 リーダー渋谷博を中心に結成
・2003年4月 所沢「文化フェア」にて初ライブ
・2003年6月 「六本木キャバーンクラブ」(アマチュアデイ)
        にてライブ
・2003年7月 ジョン・レノンミュージアムにて「トリビュート・フリー・ライブ・コンテスト」予選に挑戦。
が、あっけなく落選
    7月 「越谷アビーロード」にてライブ
・2003年8月 「越谷アビーロード」にてライブ予定
◎ ビートルズコピーバンドですが、紅一点の秋田がシャウトする「ロング・トール・サリー」は必見!


4.THE MEMPHIS

千葉 朋弘 G Vo
千葉 恵 K Vo
西村 順 Dr Vo
小川 哲史 G Vo
樋口 直樹 B Vo

以前「The Casino」で出演しましたが、
リンゴとジョージが変わって(ヘルプ)「The Memphis」として出演します。
よろしくお願いします。


5.Beat Knight

あかし大将 Vo,B
のなか監督 Vo,G
Georgeさとう Vo,G
Ringoとみざわ Dr


6.MAG

Vo. こ〜たろ〜
Gt. エリック末高
Ba. J南高
Dr. N-高橋

「60、70年代洋楽ロックのコピーバンド」
同じ会社に勤める年寄りばかり集めたバンドです。


7.Repeats

たかJohn(Guitar)
P係(Bass)
笹井じょーじん(Guitar)
May(Drums)

今回が3回目、今年2月以来の出演です。
新ドラマーを迎えて、念願のクリスマススペシャルで張り切っています。

http://sound.jp/repeats



[戻る]