2003年10月26日

20031026.jpg ●●第18回ビートルズ大会●●

     music charge \1,000
     *入場時にドリンク券(@500)をお求めいただきます。
     (今日はアマチュア・デイなのでテーブルチャージ不要です)
     open 16:30
     start 17:00


【ライブ・レポート】
今日は恒例の「ビートルズ大会」、早いものでもう18回目。店内は今夜もビートルズ好きな人たちでいっぱいです。

●無敵ゴリラ
 「むてきごりら」は今日が3回目、年に1回は必ず出演してくれる七夕みたいなバンドです。久しぶりだから今日はちょっと上がっていたんでしょうか、前はもっと上手かったのにぃ。気になるところはいくつかあったけど、とにかく一所懸命なところは好印象でした。メドレーに挑戦していた点も意欲的です。でもドラムがつなぎのところを丸まるお休みしていちゃダメじゃない。「アイム・ダウン」は声がかすれていたけど、これは元が高すぎるんだからおっけ〜おっけ〜。このコーラスは決まっていましたよ。次回はもっと期待させてもらいますからね。

●50s
 「ふぃふてぃ〜ず」は50超のおじさんたちが頑張るグループです。リード・ヴォーカルの由紀ちゃんは、ベースの長沢さんのお嬢さん。僕は密かにこういうスタイルにあこがれています。親子でバンドが出来るなんて最高じゃないですか。いいなぁこのバンド。彼女はルックスももちろん可愛かったけど、声が輪をかけて可愛いんです。スヌーピーのビートルズ・アルバムって感じで、とてもキュートでした。メニューのほうはビートルズ最初の編集アルバム「ラブ・ソングス」を思い出させる、バラードづくしの内容。熟成された大人の魅力を堪能させていただきました。

●She Said
 「し〜せっど」はウェルカムバック初登場のグループ。ポールは女のこだったけど、ちゃんとバイオリン・ベースでリキの入ったところを見せてくれました。ちょっと粗削りな感じがしないわけじゃなかったけど、リズム隊はタイトです。メニューは“Dig it”でスタートするというなかなかに凝ったもの。テープの早回しみたいな声もちゃんと入っていました。最近中期・後期の曲を中心とするバンドが少なくなってるような気がするので、彼らのメニューは大歓迎。“Tomorrow Never Knows”でも気合の入ったヴォーカルを聞かせてくれました。

●m☆shine
 実は「えむしゃいん」はうちのプロの日でも活躍するグループ。今夜は特別に遊びにきてくれました。いつもはオリジナル100%なので今日はどんなビートルズを聞かせてくれるのか興味しんしんです。演奏のクウォリティーは定評のあるところだけど、最近芸風が変わってきているんですよねぇ。ベースとギターの二人が並んで弾く姿はヘビメタをパロってるし、曲の終わりに二人が手をヒラヒラさせてお尻から下がっていくところだって見逃せません。トークはいつも納豆にこだわったりと、MCも格段に面白くなってきました。ちゃんと計算している戦略眼はお見事!

●●
●●甘建民
 今日のスペシャル・ゲストは「かんけんみん」さん。今夜はピアノの柳田さんがサポートします。彼は中国安徽省からやって来た二胡(胡弓)の名手。安徽省民族交響楽団の首席奏者として活躍されてきた方ですから、その腕のほうは推して知るべしってところでしょう。耳に馴染んだビートルズ・バラードのメロディー。それを美女の吐息のように切ない音色の二胡で演奏された日には、こりゃもうたまりません。1曲目の「イエスタデイ」の時から不覚にも涙腺は緩みっ放しです。僕だけかと思ったら「ビートルズ大会」をプロデュースしている、当の渡辺もウルウルしていたんですって。満員の会場のみなさんもきっとそうだったんだろうと思います。だって全員が咳ひとつする事なく聞き入っていたんですから。あんまり使わないようにしている言葉ですが、今夜の演奏にはほんとに感動しました。

●SUNQUEEN
 「さんくい〜ん」はなんかジャガイモの名前みたいですよね。でもその実体はとてもダンディー、全員が黒のスーツでビシッと決めていました。しかもそれぞれが思い思いにハンチングをかぶったり、ハンフリー・ボガードみたいな帽子をかぶったりと、お洒落には相当の金を費やしているに違いありません。選曲も良かったなぁ、「リボルバー」中心のメニューってところが泣かせます。“Tomorrow Never Knows”では水鳥の羽ばたきの音を見事に再現していました。個人的には“Got get into my life”を演ってくれたのがとてもうれしかったです。

●Magical Mystery Band
 「まじかるみすてり〜ばんど」は五月の「ビートルズ大会年間ベストセレクション」にも出演してくれた実力派のグループ。このバンドのいいところは上手いってことだけじゃありません。ビートルズのカバーの仕方がビックリするほどに大胆なんです。素材が良いってことももちろんあるけど、もうまったく別物&新しい次元に拡がるビートルズって感じでした。5拍子の「ミズリー」なんて聞いたことないでしょ。スラップ・ベースでガンガン攻めてきたロケンロールは「ブラックバード」だったし、スライド・ギターも豪快な南部ロックが「Don't pass me by」なんだから、もうあっ気にとられるばかりす。しかもそれがみなオリジナルのアレンジ。諸手を上げて降参します。素晴らしい!サイコーッ!!

---------------------

■お問い合わせ 担当者:企画広報/渡辺 までお気軽にどうぞ。

■詳細を説明した専用ページはこちら
 http://www.welcomeback.jp/beatlesTaikai.htm


♪SPECIAL GUEST♪

甘 建民

甘 建民 二胡
http://www.welcomeback.jp/artist/ka/KanKenmin.htm
柳田真実子 Piano

東洋のヴァイオリンと言われている楽器 “二胡”。
その美しい音色とピアノが奏でる、心に染み渡るハーモニーをお届け致します。


■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。


1.無敵ゴリラ

一色  崇典(VO、G)
鳥居  厚志(B)
橋本   隆(d)
小河原 秀樹(G)
...and more(たぶん、もうひとり増えます)

結成から4年。ビートルズ大会への参加は今回で3回目となります。ビートルズ大会
では主に後期の曲を好んで取り上げてきましたが、今回は更にジョージなどのソロ曲
にも挑戦したいと考えています。


2.SUNQUEEN

ds.  “CYOKAN” みのり
bs.  “ROOT” 松本
key. “MAD” 藤代
g.   “KANSEITO” 小谷
g.   “MIGHTY” いわはし

LET’S ENJOY REVOLVING NIGHT!


3.m☆shine

斉藤信也  Vocal Guitar
小波津裕子 Vocal.piano
山崎恵理子 Bass
永作祐子  drum

T.S.Uというバンド名で第10会大会に参加させていただきました。今回はm☆shineで
ハードにチャレンジさせていただきます!どんなビートルズになるのか・・・・
精一杯がんばりま〜す。


4.SheSaid

NATZただの(G)
ふっきん(G)
MEANA(B)
オノチン(Dr)

結成は1999年ですが、このメンバーになったのは昨年の11月。
今までは主に初期中心だったのですが、最近では中期、後期もチャレンジしています。
ウエルカムバックさんには初めて出させていただくことになり、
緊張していますが、精一杯演奏しますので、よろしくおねがいいたします。
http://www1.odn.ne.jp/~cbe48540


5.50s

長沢 義文 ベース
長沢 由紀(義文さんのご長女) ヴォーカル
増尾 光彦(長沢さんの大学での同級生のご主人) ドラムス
佐藤 博子 キーボード
白井 慶吾 サイドギター&ヴォーカル

35年ぶりに楽器を持って演奏する楽しさに魅せられ、おじさんやおばさん(娘さん
もいます)が、感謝を込めてがんばります。


6.Magical Mystery Band

まつぐま(Vo & Gt)
ただ (Vo & Gt & Sitar)
かとう (Vo & Bass)
うえむら(Vo & Drums)

その昔、Beatles Mailing List主催で開催されていた、セッション大会を
通じて知り合ったメンバーにて1996年に結成。
数年間の活動休止を経た後、メンバーを一新し、2000年に復活。
Magical & Mystery なアレンジで中後期の曲を中心に演奏します。


[戻る]