2003年2月23日

20030223.jpg ●●第13回ビートルズ大会●●


【ライブ・レポート】
今日は恒例の“ビートルズ大会”、いつのまにか回数を重ね今日で13回目の大会です。シンガー・ソングライターのもりさんをスペシャルゲストに、ヴァリエーションも豊かな6つのバンドが出演してくれました。

●Star Club
 最初のバンドは「すた〜くらぶ」、ドラムの男性以外はすべて女のこのバンドです。初期の曲を中心に、健気な演奏を聞かせてくれました。似てなかったから分からなかったけれど、ベースとキーボードは姉妹なんですって。どうりでハモリがピタッと決まってると思いました。「Hard days night」のジャ〜ンが情けなかったりして、全体としてはまだまだ発展途上のバンドって感じですが、熱意とビートルズへの愛情はひしひしと感じました。

●Savoy truffle
 「さぼいとらっふる」は人目を引くバンドです。あっれ〜なんか違うぞぉ、と思ってよくみたらそのわけが分かりました。ジョンが横向いて歌ってるんです。それに全員が下手に寄ってるし、ジョージが他のメンバーより頭一つ分も背が高い。ジョージはそんなに背が高くちゃいけないと思います。ステージは前半が初期のロケンロール、後半が後期のコンテンポラリーな楽曲中心。守備範囲の広さを見せてくれました。ジョンの本間さんはかなりいいヴォーカリストです。

●SPIS
 「すぱいす」はアコースティックなグループ、フロントに立つヴォーカルの勝呂さんがいい味を出しています。歌いまわしの端々に見えるブルージーで尖がったフィーリングがとても素敵でした。Sgt. PepperやCome togetherのファンキーなアレンジはかっこよかったけれど、インストものはアイディアばかりが先行しちゃった感じでイマイチでした。プレゼンテーションの方法が確立すれば、けっこういいセン行けると思うけどなぁ。

●Repeats
 このバンドは8回大会にも出演してくれたバンド、今日が2回目の出演です。あの時は「まだ結成4ヶ月です」と言ってたから、もうそろそろ結成1年ってわけですね。前回も素晴らしいコーラスを聞かせてくれましたが、フロント3人のハーモニーはますます磨きがかかってきたみたい。Nowhere manの頭の部分のアカペラは感動的だったし、Devil in her heartのような難曲でも完璧なコーラスを聞かせてくれました。

●●
●●もりともひろ
 今夜のスペシャル・ゲスト“もりともひろ”の登場です。もりさんは“Radish”のメンバーとしても活躍していますが、うちのプロの日に何度もソロで出演していただいたシンガー・ソングライター。ピッキングも軽やかにラグ・タイム風ビートルズを聞かせてくれました。ヴォーカルは言わずもがなだけれど、感動したのはギター1本で聞かせてくれた「Here there〜」のインスト・ヴァージョンです。どうやって弾いているんだろうと首を捻ったのが、メロディー・ラインは下がっていくのにベース・ラインが上がっていくところ。こんなに上手いギタリストとは知りませんでした。ボサノバ調で始まった「I saw her〜」も良かったですね。アイディアも秀逸だったけれど、それがいつの間にか途中でロケンロールになっていたのには参りました、脱帽です。

●KFA
 「けいえふえ〜」は目茶苦茶ハードなサウンド、そしてアバンギャルド。一筋縄ではいかないバンドです。どの曲もイントロを聞いただけで分かる人は、まずいないんじゃないでしょうか。もう崩しまくりです。でもその再構築のアイディアが見事なんですよねぇ。独自のリフがカッコいいし、2曲一緒に演奏しちゃう目の付け所に至ってはもう神の御業としか言いようがありません。中央ではヴォーカルのマキさんが「Anytime at all」と歌って、上手ではギターのなべさんが「I'll cry insted」を歌ってるんです。摩訶不思議な光景だったけれど意外なことに、カッコよかった!

●Magical Mystery Band
 「みなさんこんばんわ」ってあいさつをしたと思ったら、完全な無音状態から演奏が始まりました。みんなステージに上がるとポロ〜ンと何かしら音を出すでしょ。あれって意外と聞き苦しいんです、知ってました?このバンドにはそれが無い!大事なことです。もちろんトリを努めてくれただけあって演奏も完璧。ハードロック仕立ての「Cry for no one」、完全なブルースになっていた「秘密を知りたいかい」、もろレゲェの「セクシー・セディ」アレンジも良かったですね。ジョージというよりはデュアンみたいに、豪快なスライドギターも渋かった。


■詳細を説明した専用ページはこちら
 http://www.welcomeback.jp/beatlesTaikai.htm
■お問い合わせ 担当者:企画広報/渡辺 までお気軽にどうぞ。


♪SPECIAL GUEST♪

もりともひろ Guitar, Vocal

ホームページ「もりの音楽館」
 http://homepage2.nifty.com/mori-ongaku/

■出演決定バンド
*番号はお申し込み順で出演順ではありません。


1.SPIS

ギター 川名 けんじ
ベース 山岡 真
ドラム 秋谷 学
ヴォーカル 勝呂 愛

今回のビートルズ大会はとってもランダムに曲を選んだので全期に渡ってます。
みなさんが知ってる曲でいっしょに盛り上がりたい!と思います。
男声4部(?)→女性ソロという泣きのシチュエーションですがめげずに頑張りますので聞いて下さい!


2.KFA

まき(ボーカル,パーカッション)
なべ(ギター,ボーカル)
みん(ベース,ボーカル)
やまのしげき(ドラムス,ボーカル)

きっかり1年ぶりのウェルカムバック(前回は去年の2月23日),今回は
ビートルズ大会に登場です。
知ってる人は知っている,4人が繰り広げる"KFA的ビートルズ",初めて
の方も大歓迎。ごゆっくりお楽しみください。
http://www.bongo.ne.jp/~kfa/


3.Repeats

たかJohn(Guitar)
川島っかーとにぃ(Bass)
笹井じょーじん(Guitar)
りんGO!(Drums)

7月以来、いくつかの修羅場も経験し、少しは成長した姿をお見せできたらと思って
おります。
初期中心のコピーですが中後期もちょろちょろと演る予定です。


4.Star Club

モッチ   Guiter 
カズエ   Bass 
トヨシー  Drums    
ミツエ    Keyboard

Star Clubというバンド名は、ビートルズがメジャーデビューする前に出演していた
ハンブルグのライブハウスから名づけました。
今回、新たな顔ぶれとしてリード・ギターとキーボードも加わります。
いつかあの当時のビートルズのカッコよさに少しでも近づけたらと思っています。
まだまだヒヨッコですが、みなさんに助けられながらも
こうしてまたライブすることができとても嬉しいです。 
これからもどうぞ応援よろしくお願いします!
http://homepage2.nifty.com/star-club/


5.Savoy truffle

L.Guiter ジミー坂井ペイジ <-ジョージじゃねえのかよ!
R.Guiter キース本間リチャーズ <-ジョンは居ねえのかよ!
Bass   ジョージ行武マーティン <-なんでマーティンなんだよ!
Drums  リチャード中居スターキー <-リンゴは居るのかよ!

2001年6月結成。
4人とも普段はコンピュータシステムのエンジニアであり、いわゆる日曜ミュージ
シャンの集いです。
ベーシストは20数年来のビートルマニアですが、他のメンバはそうでもないので
す。
と言うか、そうではありません。
当然ベースは完コピ指向ですが、他は完コピなんて毛頭考えていないと言うビートル
ズカヴァーバンドです。
果たして、このようなメンバが演奏するビートルズは本当にビートルズなのか?
当日は期待せずに聴いてください。

http://homepage2.nifty.com/RubberSoul/


6.Magical Mystery Band

まつぐま(Vo & Gt)
ただ (Vo & Gt & Sitar)
かとう (Vo & Bass)
うえむら(Vo & Drums)

その昔、Beatles Mailing List主催で開催されていた、セッション大会を
通じて知り合ったメンバーにて1996年に結成。
数年間の活動休止を経た後、メンバーを一新し、2000年に復活。
Magical & Mystery なアレンジで中後期の曲を中心に演奏します。



[戻る]